GADGET

NIMASOのガラスフィルムは本当に評判通り良いのか、iPhone12miniに貼ってみた

NIMASOのガラスフィルム

iPhoneユーザーに人気の保護フィルムと言えば、「NIMASO(二マソ)」のガラスフィルム。NIMASOのガラスフィルムは、“綺麗に貼りやすい”、“ツルツルで操作しやすい”、“汚れにくい”ととにかく評判の良いフィルム。今回、iPhone 8からiPhone 12 miniへの機種変更にあたり、人気のNIMASOのガラスフィルムを試してみることにしました。

この記事では、NIMASOのiPhone用ガラスフィルムを実際に貼ってみての率直な感想を紹介しています。また、貼り方も詳しく紹介しているので是非参考に。

評判のNIMASOのiPhone用ガラスフィルムを買ってみた

NIMASOのiPhone用ガラスフィルム

今回、NIMASO(二マソ)のiPhone 12 mini用ガラスフィルムを買ってみました。僕は、“iPhoneに保護フィルムは貼らない(いらない)派”だったのですが、旧機種であるiPhone 8の画面をバキバキに割ってしまった(正確には割られた)ので今回はそんな苦い経験を二度としたくないと思い保護フィルムを買うことにしました。保護フィルムは、PU素材の保護フィルムとガラス素材のガラスフィルムの2種類ありますが、より傷に強く画面割れ予防にもなるガラスフィルムを選択しました。

ちなみに、なぜ数あるメーカーの中からNIMASOを選んだのか。それは、単純にAmazonや楽天市場で人気だったから。YouTubeやブログ、Twitterなどで口コミを確認してみても、単に売れているだけではなく実際に使っている人の評判も良さそうだったためNIMASOのガラスフィルムを選びました。

NIMASOとは

NIMASO

NIMASOはiPhoneユーザーから評判のガラスフィルムメーカーですが、どんなメーカーなのか気になっている人も多いはず。調べてみると、NIMASOとは中国系ブランドのようです。日本では、神奈川県横浜市緑区にある紅松株式会社がブランド事業の展開を行っているようです。

NIMASOのiPhone用ガラスフィルムの開封と付属品紹介

厚みのあるNIMASOの箱

今回、AmazonでNIMASOのiPhone 12 mini用ガラスフィルム(1枚入り)を900円以下と安く購入しましたが、家に届いたNIMASOの外箱はとても900円以下の商品とは思えないぐらいしっかりとしたものでした。黒色の箱に、金色の文字でNIMASOというロゴが印刷されており、パッと見た感じは高級感さえあります。

NIMASOガラスフィルムの付属品

早速外箱を開封すると、中には「NIMASOガラスフィルム本体」「クリーニングツール」「貼り付け専用ガイド枠」「取扱説明書」の4点が入っていました。

口コミでは、この中の「貼り付け専用ガイド枠」がとにかくよかったという声が多かったです。しっかりしたガイドフレームで、iPhoneにぴったりとフィットし、これに合わせるようにガラスフィルムを置くだけで簡単に貼り付けが出来るとのこと。

NIMASOのクリーニングセット

さらにクリーニングツールの袋の中には、「アルコールパッド(SCREEN PROTECTOR)x2」「マイクロファイバークロスx2」「ほこり除去シール(Dust Removal Sticker)」の3種類のツールが入っていました。この3種類のツールを使って、iPhoneへガラスフィルムを貼り付ける前に、液晶画面を綺麗にするようです。正直、これだけ綺麗に貼りつけるための付属品がしっかり入っているのはかなり有難いです。

NIMASOのiPhone用ガラスフィルムの貼り方

NIMASOガラスフィルムの取扱説明書
  1. アルコールパッドとマイクロファイバークロスを使い、iPhone液晶画面を綺麗にする
  2. ダストステッカーを使いiPhone液晶画面の埃を取り除く
  3. 貼り付け専用ガイド枠をiPhoneに装着する
  4. ガラスフィルムを貼り付ける
  5. iPhoneからガイド枠を取り外す
  6. ガラスフィルムを指で押し撫でていく
  7. 付属のマイクロファイバークロスを使い残った浮きや気泡をやさしく押し出す

NIMASOのガラスフィルムをiPhoneへ貼り付ける方法は、とても簡単です。貼り付け手順は上記の通り。貼り付ける方法は、付属の取扱説明書に詳しく記載されているので、基本的にそれに従って貼り付ければ綺麗に貼ることが出来ます。

iPhoneを準備する

では、早速NIMASOのガラスフィルムを実際にiPhone 12 miniに貼り付けていきます。まずは、ガラスフィルムを貼りつけるiPhoneを平らな机の上に準備。この時、スリープモードが解除されたりすると面倒なのでiPhoneの電源は切っておくのがオススメ。

iPhone液晶画面をアルコールパットで拭く

最初にやっていくことは、iPhoneの液晶画面の汚れを取り綺麗にしていく作業。一番に使うツールは、緑色の袋に入ったアルコールパッド。これで、しっかりとiPhone液晶画面上の汚れを拭き取っていきます。

iPhone液晶画面をマイクロファイバークロスで拭く

次にマイクロファイバークロスを使い、画面上の汚れやほこりを取り除きつつ、アルコールパッドで濡れた部分を乾かします。

iPhone液晶画面の埃をダストステッカーで取り除く

画面上が乾いたのを確認し、ほこり除去シールをペタペタと貼ったり剥がしたりして液晶画面上に残っている埃を完全に取り除きます。

iPhoneにガイド枠をセットする

iPhoneの液晶画面が綺麗になったら、次はいよいよガラスフィルムを貼り付ける作業へ。そのまま正しい位置に綺麗に貼りつけるのは難しいため、白色の貼り付け専用ガイド枠をiPhoneへ取り付けます。

iPhoneにガラスフィルムを貼る

そしてとうとう重要なガラスフィルムの貼り付け。ガラスフィルム接着面を下にした状態で保護シートを剥がし速やかにガイド枠の上側に沿ってフィルムをゆっくりおろし貼り付けます。

iPhoneからガイド枠を取り外す

無事iPhoneにガラスフィルムを貼り付け出来たら、貼り付けガイド枠をiPhoneから取り外します。

マイクロファイバークロスを使って気泡を取り除く

そして最後に、浮きや気泡が残らないように、直接指をやさしく押し込むように、或いはマイクロファイバークロスを巻いた指でやさしく押し込むように、ガラスフィルムと液晶画面を馴染ませます。

NIMASOガラスフィルムを貼り終えたiPhone

これで無事貼り付け完了。

NIMASOのガラスフィルムを貼ってみての感想

貼り付け専用ガイド枠のおかげで、貼るのはめちゃくちゃ簡単!!

NIMASOガラスフィルムを貼ったiPhone 12 mini

iPhone 12 miniにNIMASOのガラスフィルムを貼ってみた率直な感想として、まず貼り付け自体は予想以上に簡単でした。貼り付けガイド枠が本当に優秀なので、それに任せてガラスフィルムを置くようにするだけで本当に簡単に正しい位置へと貼り付けることが出来ました。今までiPhone(スマホ)へのガラスフィルムの貼り付けは難しいというイメージが強かったのですが、この貼り付けやすさには本当に感動しました。

ガラスフィルム特有の厚みがあるため、フィルムを貼っているのは一目瞭然

NIMASOガラスフィルムの厚み

NIMASOのガラスフィルムはガラスフィルムゆえに厚みがあるため、真っ暗な画面だとフィルムはよく目立ちます。もし、フィルムを貼っている感が全くないようなフィルムを探しているなら、ガラスフィルムではなくPU素材の保護フィルムがオススメ。

触り心地滑らかでかなり操作感は良い

NIMASOガラスフィルムの滑らかなさわり心地

NIMASOのガラスフィルムは、評判通り触り心地はかなり良いです。滑らかな触り心地で、タップもスワイプ操作もしやすい印象。

指紋や手垢による汚れが付きにくい

汚れが付きにくいNIMASOガラスフィルム

iPhone 12 mini購入後すぐはフィルム無しで使っていたのですが、とにかく液晶画面が指紋で汚れまくる。このNIMASOのガラスフィルムは指紋や手垢による汚れにも強いのか、とにかく汚れにくい。もちろん完全に指紋が付かないという訳ではありませんが、フィルム無しの状態に比べると汚れにくさは歴然の差があります。

ラウンドエッジ加工のおかげで、フィルム端もストレスのないさわり心地

ラウンジエッジ加工のガラスフィルム

NIMASOのガラスフィルムは、フィルム端がラウンドエッジ加工になっています。そのため、フィルム端に指が触れても引っかかる感が全くなく、ストレスのないさわり心地。

透明度が高く、フィルム装着前となんら変わらない見た目

透明度の高いNIMASOガラスフィルム

透明度も全く問題無し。透過率の低いフィルムだと、フィルムを貼る前と貼った後で画面の見え方や見える色味が違ったりするのですが、このNIMASOのガラスフィルムは貼る前と何ら変わらない見え方です。

ノッチを覆わないガラスフィルムだから、Face ID(顔認証)も全く問題なし

iPhoneのFaceID

色々なセンサーが集結しているノッチ(iPhone上部の黒い凹み部分)も覆ってしまう全面保護フィルムだと、Face ID(顔認証)が上手く作動しないなどのトラブルもあるようですが、このNIMASOのガラスフィルムはノッチを覆わないタイプなので、この点も問題なし。

NIMASOのガラスフィルムはかなりオススメ、コスパが良いのは間違いなし

NIMASOガラスフィルムとiPhone

今回、NIMASOのガラスフィルムをiPhone 12 miniにはってみましたが、評判通り本当に良い商品でした。「簡単に貼り付け出来る」「触り心地が良い」「汚れにくい」「透過率が高い」といった特徴があるように、安いガラスフィルムでありながらも本当にオススメ出来るフィルム。コスパはかなり良いので、iPhone用のガラスフィルム選びで迷っている人にはかなりオススメ。

▼NIMASO「iPhone 12 mini用ガラスフィルム」

▼NIMASO「iPhone 12/iPhone 12 Pro用ガラスフィルム」

▼NIMASO「iPhone 12 Pro Max用ガラスフィルム」

NIMASOのガラスフィルムを選ぶなら、2枚セットがオススメ。1枚入りだと、上手く貼れなかった(浮きや気泡が残った)場合の貼り治しが出来ないため、念のために予備がある2枚セットの方が安心です。

こちらの記事もオススメ