GADGET

Apple Watch SEを1カ月使ってみてのレビュー、Series 6を選ばなくて正解か?後悔か?

Apple Watch SEのレビュー

2020年9月18日に最新アップルウォッチである「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」が同時発売されました。今回、僕自身初めてとなるApple Watchとして上位モデル「Series 6」ではなく廉価版「SE」を購入し1カ月以上使ってみました。

この記事では、Apple Watch SEを買って使ってみてのレビューを紹介しています。SEとSeries 6との違いを踏まえ、Series 6ではなくSEを選んでみて良かったところ、イマイチだったところも率直に紹介しています。Apple Watch SEの購入を検討している人は是非参考に。

目次

Apple Watch SEの特徴

Apple Watch SEの特徴

今回、Apple Watch SEを購入。Apple Watch SEとは、2020年9月13日に最上位モデルである「Series 6」と同時に発売された2020年最新アップルウォッチの“廉価版”。従来の廉価版の代表であるSeries 3よりは着実にバージョンアップしつつも、Series 6よりはスペックを抑えることで、最新機種を約3万円(税別29,800円)の低価格で購入出来るというのがApple Watch SEの最大の特徴。

Apple Watch SEはSeries 3と比較し、ディスプレイ・CPUプロセッサ・ストレージ・コンパス・常時計測の高度計・転倒検出・第二世代のスピーカーとマイク・Bluetooth規格という点で大きく進化。Series 6と比較すると、常時表示機能・心電図・血中酸素濃度という点で違いがあります。今回は、Apple Watch SEの安さ、コスパの良さに惹かれたので、人生初めてのApple WatchにSeries 6ではなくSEを選びました。

Apple Watch SEでできる主なこと

Apple Watch SEでできること
  • 時刻の確認
  • 文字盤のカスタマイズ
  • バンドの交換
  • Siriを呼び出す
  • iPhoneの通知を受け取る
  • ストップウォッチ
  • タイマー
  • アラーム
  • コンパス
  • 地図
  • メール・メッセージ・LINEアプリのメッセージ内容確認・返信
  • 電話に出る・電話をかける
  • 音楽アプリの操作
  • Apple Payでの支払い
  • 心拍数計測
  • 睡眠計測
  • 活動量計測
  • ワークアウト計測

Apple Watchは、iPhoneやMacBookでお馴染みのApple社が販売する高性能スマートウォッチ。一般的なスマートウォッチに比べると価格帯は高めなため、廉価版であるApple Watch SEでも普通のスマートウォッチで出来る、スマートウォッチに期待される大抵のことは問題なく出来ます。実際、Apple Watch SEを1カ月使ってみて、Series 6との多少のスペックの違いは感じるものの、スマートウォッチとしては十分過ぎるぐらい便利に活用できています。

Apple Watch SEとSeries 6のスペック比較と違い

Apple Watch SEのスペック
機種SESeries 6
発売日2020年9月18日2020年9月18日
価格29,800円~42,800円~
ケースサイズ40mm(40x34x10.4mm)
44mm(44x38x10.4mm)
40mm(40x34x10.4mm)
44mm(44x38x10.4mm)
ケース材質アルミニウムアルミニウム/ステンレス/チタニウム
ケースカラーシルバー/スペースグレイ/ゴールドシルバー/スペースグレイ/ゴールド/ブルー/レッド
重量40mm(30.49g)
44mm(36.20g)
40mm(30.5g)
44mm(36.5g)
ディスプレイRetinaディスプレイ常時表示Retinaディスプレイ
画面解像度40mm(324×394ピクセル)
44mm(368×448ピクセル
40mm(324×394ピクセル)
44mm(368×448ピクセル
CPUプロセッサS5チップS6チップ
容量32GB32GB
防水50m防水50m防水
バッテリー18時間18時間
心拍数
睡眠
手洗い
心電図×
血中酸素ウェルネス×
転倒検出
騒音検知
コンパス
高度計

違い①価格

SESeries 6
40mm29,800円~42,800円~
44mm32,800円~45,800円~

Apple Watch SEとSeries 6を比較すると、同じ40mmのアルミニウムケースで税抜13,000円の価格差があります。44mmのアルミニウムケースも同様です。2020年最新Apple watchを購入する際、この1万3千円の差を埋めるだけの魅力をSeries 6に感じるかどうかがSeries 6を選ぶかSEを選ぶかで重要となります。

違い②ケース材質

SESeries 6
アルミニウム29,800円~42,800円~
ステンレススチール×72,800円~
チタニウム×82,800円~

Apple Watch SEとSeries 6は同じアルミニウムケースを選んだ際の見た目は同じですが、Series 6はアルミニウムだけではなくステンレススチールとチタニウムを選ぶことが出来るため廉価版SEとの違いを出すことが出来ます。アルミニウムケースも質感は良いのですが、やはり高級感という点では上品な光沢感のあるステンレススチールとチタニウムには及びません。

違い③ケースカラー

SESeries 6
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
ブルー×
レッド×

Apple Watch SEは、ケースカラーにシルバーとスペースグレイ、ゴールドの3色を選ぶことが出来ますが、Series 6はその3色に加えブルーとレッドを合わせた合計5色を選ぶことが出来ます。

違い④常時表示機能

SESeries 6
ディスプレイRetinaディスプレイ常時表示Retinaディスプレイ

Apple Watch SEとSeries 6との機能面での大きな違いの一つは、常時表示機能の有無。SEもSeries 6も高精細で美しいRetinaディスプレイを搭載しているのですが、SEは通常のRetinaディスプレイに対しSeries 6は常時表示Retinaディスプレイ。

SEの画面は通常は真っ暗で腕を動かすと時計が表示される仕組みですが、Series 6は普通のアナログやデジタルの腕時計のように常時時計が表示されている仕組み。

違い⑤心電図機能

SESeries 6
電気心拍センサー×

機能面では、心電図機能(電気心拍センサー)の有無の違いもあります。心電図機能とは、指と手首から直接っ心電図を測定するという機能。ただし、日本においてこの機能は医療機器として認可が必要であり現在のところ認可がとれていないために活用は出来ません。

違い⑥血中酸素ウェルネス

SESeries 6
血中酸素ウェルネスセンサー×

機能面で常時表示機能と同じく大きな違いと言えば、血中酸素ウェルネルセンサーの有無。血中酸素ウェルネスセンサーは、Series 6の目玉機能として登場したもので、血液中にどの程度の酸素が含まれているかを示す酸素飽和度(Sp02)を測定出来るというもの。血液の働きがどれほどうまくいっているのかを把握することが出来るため、毎日の体調チェックのための指標の一つとして活用出来ます。

Apple Watch SEとSeries 6との大きな違いは、「常時表示機能の有無」と「血中酸素ウェルネスセンサーの有無」の2点。正直常時表示機能は欲しかったのですが、血中酸素ウェルネスセンサーは必要性を感じず、総じて1万3千円の価格差を埋めるだけの魅力をSeries 6に感じなかったために、僕は最終的にSEを選択しました。

Apple Watch SEを1カ月使ってみてのレビュー

外観はSeries 6と同じで、おしゃれでカッコイイ!!

Apple Watch SEの外観

今回、廉価版であるApple Watch SEを購入しましたが、その見た目(デザイン)にはかなり満足出来ました。普通、上位版と廉価版では機能性だけではなく見た目にも大きな違いがあるのですが、廉価版SEは上位版Series 6と全く同じ見た目です。Apple製らしい美しい曲線のスタイル、質感の良いアルミニウムケース、そしてサイズと厚みまで全く同じ。廉価版特有のチープさは皆無です。

Apple Watch SEの44mm

ちなみに、Apple Watch SEはSeries 6同様にケースサイズは40mmと44mmの2サイズあるのですが、大きい方の44mmを選びました。44mmは存在感があり、お洒落なファッションアイテムとしても十分使えます。さらに、画面の視認性も良く、操作性も良く、40mmではなく44mmを選んで率直に良かったです。

Apple Watch SEとファッション時計

個人的にApple Watchの見た目は気に入っています。しかし、普通のファッション時計と比べるとシルエットや装飾に違いがあるため、ファッション性としては少し見劣りする印象です。そのため、人によってはダサいと感じることもあるでしょう。

着け心地は普通の時計と同じで特別良くも悪くもない

Apple Watch SEの装着感

今回、初めてのApple Watchを購入し1カ月使ってみて、装着感は良い意味で普通の腕時計と比較し特別良くも悪くもないといった感じです。特にApple Watchだから重たい、長時間腕に着けているのがストレスになるといったことはありませんでした。逆に言えば、大き目サイズの44mmということもあり、普通の腕時計よりも睡眠中の装着感が良いということもありませんでした。

Apple Watch SEのスポーツバンド

ちなみに、Apple Watch SEは購入時にバンドをソロループ・グレイデッドソロループ・スポーツバンド・スポーツループの4種類の中から選ぶことが出来るのですが、僕が選んだのはスポーツバンド。普通の腕時計らしい見た目を重視しバックルのある定番のスポーツバンドを選びましたが、バックルのないソロループを選べば装着感は普通の腕時計よりも良くなると思います。

Retinaディスプレイがかなり綺麗、アイコンも文字も見やすい

Apple Watch SEのRetinaディスプレイ

Apple Watch SEの液晶画面は、iPhoneやMacBookに採用されている高精細ディスプレイであるRetinaディスプレイが採用されています。そのため、液晶画面はめちゃくちゃ綺麗です。そこに表示される文字盤も当然綺麗で、文字盤次第で本当にお洒落なアナログ時計にも見えます。

Apple Watch SEを遠目から見た画像

画素密度が高いディスプレイであるため、小さい文字や小さいアイコンも潰れたりすることなく、はっきりと表示されています。Apple Watchでは文字盤の四隅などに天気や温度、降水確率、スケジュール、バッテリー残量といった情報を表示出来るのですが、高精細ディスプレイであるためにそれらの小さな情報もしっかりと視認できます。大き目の44mmを選んだということで、少し遠目からでも文字盤上の情報をしっかりと確認出来ます。

常時表示機能は欲しいけど、正直なくてもおおきく困ることはなかった

Apple Watch SEの真っ暗な画面

Series 6ではなくSEを選ぶ際に、個人的に一番の懸念点だったのが時刻が常に画面上に表示される常時表示機能が無いこと。常時表示機能は普通の腕時計ではごくごく当たり前にある機能なので、SEに常時表示機能が無いのは大きな不安でした。しかし、いざApple Watch SEを使ってみると、常時表示機能が無いからといって大きく不便に感じることはありませんでした。もちろん、時刻を確認する際、いちいち手首をひねる必要があるため少々不便は不便なのですが、すごく困るというレベルではありません。

ただし、見た目の問題で常に画面に時刻が表示されている方が普通の腕時計ぽくてカッコイイので次に二代目のApple Watch選びでは常時表示機能は必須にするつもりです。

文字盤を自分好みにカスタマイズ出来るのは楽しい

Apple Watch SEの文字盤をカスタマイズ

初めてのApple Watchを購入してみて、文字盤をカスタマイズするのがとにかく楽しいと感じました。そのシーンに合わせて、その時の気分に合わせてすぐに文字盤を変更出来るのはすごく便利です。Apple Watchでは純正の文字盤に限られるものの、かなりの数の文字盤が用意されているので自分好みの文字盤にすぐに変更出来ます。もちろん、廉価版であるApple Watch SEだからといって選べる文字盤が少ないということはありません。

バンドも手軽に交換出来る

Apple Watch SEのバンド交換

Apple Watchは文字盤だけではなく、バンドも簡単に交換出来ます。Apple Watchはガジェットである前にファッションアイテムである腕時計。そのシーン、その時の気分に合わせバンドをすぐに交換出来るのは文字盤同様に楽しいです。また、純正バンドは高くてなかなか買えないのですが、Apple Watch向けのサードパーティー製の安いバンドが充実しているのも嬉しいところ。純正だけではなくたくさんのサードパーティー製のアクセサリーから好みのものを選ぶことが出来るのは、iPhone同様にApple製品を選ぶ人の大きな特権です。

Apple Watch SEのレザーバンド

個人的にはレザーバンドがおしゃれで気に入っています。もちろん、Apple純正のレバーバンドはとても高いのでサードパーティー製の安いレザーバンドを愛用しています。

操作はかなりしやすい、動作もサクサクで快適!

Apple Watchのホーム画面

Apple Watch SE購入後すぐはさすがに自分にとっては新しいデバイスということもあり、どう操作すれば良いのか戸惑いました。しかし、なんとなく使っていくうちにすぐにApple Watch特有の操作にすぐに慣れました。この辺は、Apple製らしく直観的に操作出来る仕様のおかげ

また、Apple Watch SEを1カ月使ってみて、動作が重く感じたり、遅く感じたりすることはなかったです。これは、Apple WatchにSeries 5と同じS5チップを搭載しているため。このチップ、Series 3のチップよりも最大2倍も処理速度が速いとのこと。

通知機能は思った以上に便利!!

Apple Watchを使ってみて一番便利に感じたのは、やはり通知機能。iPhoneに届いた通知を素早く腕元で確認出来るため、これはかなり便利。iPhoneに重要な通知が来ると、Apple Watchが振動によって教えてくれるのでiPhoneだけを持っている時と違い重要な通知を逃すみたいなことがなくなりました。また、その通知内容をわざわざポケットやカバンからiPhoneを取り出さなくても手元でサクッと確認出来るのもめちゃくちゃ便利です。

LINEはメッセージ確認だけじゃなく、返信もできる

Apple Watchの音声入力

Apple Watchはメール・メッセージ・LINEの新着メッセージの通知を受け取り、そのメッセージ内容の確認とさらには返信も出来ます。特に、わざわざiPhoneをカバン・ポケットから取り出すことなく、腕元で新着メッセージを素早く確認し、返信もApple Watchで手軽にできるというのがめちゃ便利です。もちろん、Apple WatchではiPhoneのようにキーボード入力は出来ませんが音声入力は出来ます。とにかくマイクの感度が良い(或いは予測変換能力に優れている)ため、音声入力は思った以上に快適でした。もちろん、予め設定しておいた定型文を送ることも可能。

ただし、LINE通話をすることは出来ません。Apple Watchでは通常の電話の応答・発信は出来るもののLINE通話は使用出来ません。この点はちょっと不満。

iPhone無しでApple Payでキャッシュレス決済出来るのは想定外

Apple WatchのApple Pay

Apple Watch購入後、実際に使ってみて驚いたのがiPhone無しでApple Watchのみでキャッシュレス決済が出来るということ。セルラーモデルではなくGPSモデルを購入したため、Apple Payを使用するためには近くにiPhoneが無いとダメだと思っていましたが、Apple PayはGPSモデルでも近くにiPhoneが無くても普通に使えるようです。

コンビニや自動販売機、ガソリンスタンドでApple Watchを身につけていれば本当に手ぶらでキャッシュレス決済が出来るというのはすごく便利。電車移動だと常にiPhoneは持っているのですが、車移動だとちょっとした買い物で降りる時にiPhoneは車内に残したままということも多いため、車移動の際に特に便利に感じます。

iPhoneよりもSiriをかなり重宝する

Apple WatchのSiri

iPhoneではあまりSiriを使うことはなかったのですが、Apple Watchを購入してからかなりSiriを活用するようになりました。というのも、Apple WatchはSiriとかなり相性が良いから。手首を上げて、「明日の6時にアラーム」「3分タイマー」「〇〇に電話して」「今日の予定は」「今日の天気は」「近くのコンビニは」「近くのトイレは」とSiriに話しかけるだけで色々と出来るのでとにかく便利。

睡眠トラッキング機能は、正直見れるデータは少ないけど生活習慣の見直しに役立つ

Apple Watchの睡眠機能

Apple WatchではwatchOS7より睡眠記録機能が追加されました。この機能は、Apple Watchが実際の睡眠時間を自動で計測してくれるというのも。Apple Watchに内蔵されたセンサー類によって手首の動きや位置、心拍数などを計測・分析し、装着者が起きているか寝ているかを判別するという優れた機能。

Apple Watch SE購入後、たまに忘れることもありますがほぼほぼ毎日のように睡眠中もApple Watchを装着し睡眠記録機能を活用してきました。正直、見れるデータが睡眠時間(就寝時刻・起床時刻・睡眠のトータル時間)だけで浅い睡眠や深い睡眠の割合などの詳細データが見れないため少々物足りない感はあるものの、「最近睡眠時間が短いからもっと早く寝るようにしよう」と生活習慣の見直しには十分役立っています。

手洗い機能もある

Apple Watchの手洗い機能

WatchOS7では、手洗い機能も追加されました。この機能は、手洗いを始めると、Apple Watchがそれを認識し自動的に20秒の手洗いカウントダウンを開始するというもの。20秒未満で手洗いを終えようとすると、バイブでもっとするように促がしてくれます。また、自宅へ帰ると真っ先に手洗いをするようにと通知も出してくれます。感染症予防にはとても良い機能ですが、洗い物をしている時にも同じように20秒の手洗いカウントダウンがスタートします。

バッテリー持ちはイマイチか、毎日こまめに充電する必要あり

Apple Watchの充電

初めてApple Watchを使ってみた感想として、バッテリー持ちはイマイチといったところ。Apple Watch SEは普通に1日半はバッテリーが持つのですが、睡眠中も装着するとなると、必ず毎日どこかのタイミングで充電する必要性が出てきます。僕の場合は、起床後の身支度の時間にそして夜にお風呂に入る時に1日に計2回(合計1~2時間程)充電しています。毎日そのようにこまめに充電することで日中のバッテリー切れは起こりませんが、たまに充電するのを忘れてしまってバッテリーが全然無いなんてこともあるため、24時間装着する腕時計ならもう少しバッテリーが欲しいところ。

Apple Watch対応アプリがまだまだ少ないのは残念

Apple Watchのアプリ

初めてApple Watchを購入してみて一番残念に感じたのが、Apple Watch対応アプリが少ないこと。Apple純正アプリは当然のようにApple Watchに対応していますが、サードパーティー製のApple Watch対応アプリが少ない。そのため、活用するアプリはほとんどがiPhone純正アプリとなります。

Apple Watch SEを選んでみて分かった、SEのメリットとデメリット

Apple Watch SEのメリットとデメリット

Apple Watch SEのメリット

  • Series 6より1万円以上安く買える
  • 見た目はSeries 6と変わらない
  • Apple Watchでできる便利な機能は一通り、SEに備えられている

今回、初めてのApple Watchとして廉価版「SE」を購入して使ってみましたが、SEのメリットはやはり価格の安さ。SEはスマートウォッチとしては十分過ぎる機能を備えているため、正直初めてのApple WatchではSeries 6はそれほど必要はなく、SEで十分だと感じました。

Apple Watch SEのデメリット

  • 常時表示機能がない
  • 選べるケースの材質、カラーの種類が少ない
  • Apple Watch Series 3と比べると高く感じる

Apple Watch SEのデメリットは、一番は常時表示機能が無いこと。常時表示機能が無いからといってそこまで大きく困ることはありませんでしたが、財布に余裕があるならやはり最初から常時表示機能があるSeries 6を選びたいところ。

また、Apple Watchは2020年最新モデルでは廉価版ではあるものの、現行モデルで一番安い「Series 3」と比べると、1万円高い。もし、そこまで新旧は気にしない、スペックもそこまで気にしない、とにかくApple Watchを試してみたいという人にはSeries 3でも良いかなと思いました。

▼常時表示機能やケース材質・カラーの豊富さを重要視するなら、「Series 6」がオススメ

▼安さを重視するなら、現行Apple Watchで一番安い「Series 3」がオススメ!!

初めてのApple Watchには「SE」が正解だった!!

Apple Watch SEはオススメ

今回、Apple Watch SEを購入し毎日装着し1カ月以上使ってきましたが、その中でApple Watch SEのメリットやデメリット、またはApple Watch自体のメリットやデメリットもよく分かりました。そうした中で、トータルで考えApple Watch SEを購入したことに十分満足しています。正直、常時表示機能は個人的には欲しかったのですが、やはり最初のApple Watchとしては安めで最新モデルであるApple Watch SEを選択して良かったと率直に思いました。

もし、Series 6とSEで悩んでいて、そこまで常時表示機能への強いこだわりが無いのであれば初めてのApple Watchとしてはコスパの良いSEがオススメです。

Apple Watch SEを買うならフィルムも一緒に買っておくのがオススメ

フィルムを貼ったApple Watch SE

Apple Watch SEを買ったら念のために液晶画面を傷から守るためのン保護フィルムを貼っておくのがオススメ。Apple Watch用の保護フィルムはたくさん種類がありますが、オススメはAUNEOSのTPUフィルム。AUNEOSのTPUフィルムは薄くて伸縮性に優れているため、Apple Watchの端の曲面までしっかりと綺麗に貼ることが出来ます。評判もとても良いので、Apple Watch用の保護フィルム選びで迷ったら、AUNEOSのTPUフィルムを選んでおけば間違いないです。

保護フィルムが貼ってあるApple Watch
Apple Watchに保護フィルムを貼るならガラスではなくTPUフィルムがオススメApple Watchの液晶画面に保護フィルムを貼るなら、ガラスフィルムではなくTPUフィルムがオススメ。厚みがあり悪目立ちしやすく硬い...
ガジェット好きにおすすめの記事
関連記事