GOODS

iPhoneの画面割れの応急処置としてダイソーの全面保護フィルムでごまかした!

ダイソーの前面保護カバー

先日、とうとう自分のiPhoneの画面を割ってしまいました。

たまにiPhoneの画面がバキバキに割れた状態で使っている人を見かけますが、「どうやって使ったら画面が割れるんだろう?」と不思議に思っていました。まさか自分がそのバキバキに画面が割れたiPhoneを使う側になるとは。

当然iPhoneの画面を割ることは100%無いと思っていたので、Apple製品の保証サービス「AppleCare+」には入っていませんでした。そのため、iPhoneの画面を修理するなら、かなり高い金額を払うことに。

それはかなり勿体ない。と言ってもバキバキに画面が割れてしまったiPhoneをずっと使い続けるというのも恥ずかしい。ということでなんとか出来る応急処置のようなものはないかと探しに探した結果、とうとうダイソーで最高のアイテムを見つけました!

iPhone8の画面が割れた・・・

画面が割れたiPhone8

画面を割ってしまったのは、買って1年未満のiPhone8

家の中でiPhoneをベッドや机の上から落とすぐらいでは画面が割れることはなかったのですが、地面に落ちているiPhoneを誤って踏んでしまい、画面をバキッと割ってしまいました。

大きく破損した場所は、iPhone8の右上のあたり。かなり細かく割れています。そしてそこから左下へ、真下へ、右下へ複数の亀裂が入った状態。

iPhoneの画面割れの修理費用はかなり高い

画面が割れたスマホ

大事なiPhoneの画面が割れてしまったので、早速修理を検討しました。

買って1年以内ならもしかしたらなんとかなるかもと、Apple社の1年限定保証の中身をチェックしました。しかし、当然のように使用者の過失によって破損した場合は保証の対象外のようです。ベッドから落とし、それを踏んづけてしまったというのは、完全なる僕の過失。そのため、Apple社の1年保証はダメ。

もし、iPhone契約時にAppleCare+に加入していたら、全機種3,400円で画面修理出来たらしいです。僕は「絶対割ることはない」と高をくくっていたので、未加入。

その結果、修理にかかる費用は「16,800円」。これはかなり痛い。画面が割れているというのは恥ずかしいし、修理したいけど、出来るだけ安く抑えたい。そこで、普通に修理するというのは一旦保留。他の方法を探ることにしました。

機種修理費(AppleCare+未加入)
iPhone XS Max37,400円
iPhone XS31,800円
iPhone XR22,400円
iPhoneX31,800円
iPhone7Plus/8Plus19,400円
iPhone7/816,800円

100均のダイソー見つけた!iPhone画面割れ時の応急処置アイテム

100均ダイソーのiPhone用全面保護フィルム

たまたま100円均一のダイソーへ行った時に見つけたのが、iPhone用の全面保護(画面フルカバーガラス)というアイテム。

通常のiPhone用画面フィルムと違って、フィルム全体が透明になっているのではなく、液晶画面以外のふちの部分はiPhoneと同じ白色になっているフィルムです。今回はホワイトを買いましたが、ブラックもあるので黒色のiPhoneでも使えます。

この商品をiPhoneに貼ってしまえば、バキバキに割れている部分をかなり隠せる(ごまかせる)のではないかと思い、買ってみました。

早速、ダイソーの全面保護フィルムを貼ってみる

ダイソーの全面保護の中身

開けて中を取り出してみると、入っていたのは全面保護フィルム本体液晶画面クリーニングシートの2点。

液晶画面クリーニングシート

液晶画面クリーニングシートは二つ種類があり、一つはウェットタイプのもの、もう一つはドライタイプのもの。この二つをとって、まずは液晶画面の汚れをとっていくみたいです。

iPhoneの液晶を拭く

まずは、ウェットタイプで画面を拭きます。文字通りシートに水気があるので、画面の汚れをしっかりととることが出来ます。そのあとはドライタイプのシートで水気をとっていきます。

ダイソーの全面保護(ホワイト)

iPhoneの画面を綺麗にしたら、お次はいよいよ全面保護フィルムを貼っていきます。保護フィルムは液晶部分が保護性の高いガラスで、液晶以外のフチの部分はピタッとiPhoneの形状に沿って貼りやすい3Dソフトフレームとなっています。

iPhoneの画面割れをかなりごまかせた!?

iPhone画面割れの対策フィルム

全面保護(画面フルカバーガラス)を貼ってみましたが、どうでしょうか。かなり画面割れをごまかすことが出来たんじゃないでしょうか。右上に本来あるはずのバキバキの部分はすっかり隠れて見えません。

もちろん液晶画面自体のヒビ、亀裂は相変わらず見えるままですが、フチのバキバキになっている部分を隠せたことで、かなり見た目は良くなりました。これだったら、このまま使い続けてもそれほど恥ずかしくないかもしれません。

また、フィルムは画面全体を覆っているので、指先が怪我をしてしまう、破片が飛び散るといった心配もなさそうです。

iPhoneの画面が割れたら100円で応急処置、結構オススメ

ダイソーの画面フルカバーガラス

iPhoneの画面が割れてしまった方で、Appleストアへ修理に出しに行くのが面倒、AppleCare+に入っていないので修理費が高い、取りあえず修理に出すまでは何らかの応急処置をしておきたいという人には、ダイソーの全面保護フィルムを使って、取りあえずの対処をしておくのがオススメです。

100円で出来る対処法なので、バキバキに割れてしまったiPhoneをそのまま使い続けるよりはかなり安全で、見た目にも良い。iPhoneが割れた時は是非試してみてください。

こちらの記事もオススメ