FOOD

業務スーパーの1kg紙パック「水ようかん」がコスパ良すぎ!夏はそのまま、冬はおしるこに

業務スーパーの水ようかん

業務スーパーの数ある商品の中でも特にコスパが良い、美味しいと評判の紙パック入り水ようかん。今回、その大人気商品である水ようかんを買って、食べてみました。そのまま食べるだけではなく、おしるこやアイスでの食べ方も試してみました。

業務スーパーの紙パック入り水ようかんを買ってみた

紙パック入り水ようかん

今回、業務スーパーで大人気の1kg紙パックスイーツを買ってみました。1リットルの牛乳パック入ったデザートで、とにかくコスパが良いということで今までにたくさんのメディアで紹介されてきた業務スーパーを代表する人気商品。そのスイーツも種類も豊富で、水ようかん、杏仁豆腐、カスタードプリン、マンゴープリン、抹茶プリン、ババロア、レアチーズ、珈琲ゼリー、オレンジゼリーと本当にたくさんバリエーションがあります。

今回買ったのは、ド定番の水ようかん。248円で7~8人分入っているので、1人分は31円ととても安い。口コミでは8分分どころか食べ方次第では10人分にもなる声もあり、とてもお買い得に感じます。

水ようかんを早速紙パックから出してみる!

水ようかんの紙パックを開封

早速、業務スーパーで買った水ようかんを家へ持ち帰り、食べてみることに。まずは、上の封をガバッと開きます。普通、紙パックの封をガバッと大きく開けるなんてことないので、開け方に少し戸惑ってしまいそうですが、ちゃんとそのやり方が開け口のところに分かりやすく紹介されているのでその点問題ありません。

水ようかんと甘い汁

中には水ようかんの姿が。さらに少し傾けるとドロッとした透明の液体がたくさん出てきました。この汁はとても甘い汁なので、もしお皿に水ようかんを出す時にテーブルの上にまき散らしてしまうと大変です。お皿はある程度深さのある大きめのものを準備した方がよさそうです。

水ようかんを出す①

では、この水ようかんをいざお皿の上へ。

水ようかんを出す②

少し紙パックを押すと、中から巨大な水ようかんがつるんと出てきました。それとともに良い感じの小豆の甘い香りも。

7~8人前のボリューミーな水ようかんの全貌

水ようかんの真上の写真

これが業務スーパーで大人気の1kg紙パック入りの水ようかん。とにかくデカい。余裕を持った大きめのお皿を準備したつもりでしたが、まさかのギリギリサイズ。

水ようかんの真横の写真

真横から見てみるとこんな感じ。大きいだけではなく厚みも凄い。もう見ているだけでお腹いっぱいになりそうな、そんな圧倒的なボリューム。正直、頑張ったら一日でも普通に食べ切れる量だと思っていましたが、その予想をはるかに超えていました。相当の甘党か、大食いじゃない限り、一日ではとても無理。二人でもキツイ。

水ようかんを持ってみる取りあえず片手でお皿を持ってみましたが、めちゃくちゃ重い。お皿の持つスペースがあまりないこともあるけど、とにかく持ちにくいし、重い。そして、凄い!!

業務スーパーの水ようかんを食べてみる!

水ようかん

それでは早速水ようかんを食べていきます。本当はそれっぽい和菓子用の小皿に、小さく切って乗せて食べるのが良いんでしょうが、このボリュームたっぷりなところを伝えたいのでこのまま食べてみます。

水ようかんに切り目を入れる

まずは、切り目を入れて。

水ようかんを食べる

フォークで持ってみると、ぷるぷる。水ようかんというよりも小豆ゼリーみたいなぐらいぷるっぷる。使っているあんは粒あんではなくこしあんなので、小豆の粒は一切なし。

水ようかんのアップ

食べてみると、美味しい。正直なところ、味は通常の水ようかんよりも薄め。良く言えば控えめな甘さといったところ。それでも小豆の風味はしっかり感じることが出来、美味しい。食感も普通の水ようかんに比べると、少し違った感じで、水ようかん風ゼリーという表現が合いそう。普通の水ようかんと思って食べるとやや物足りなさを感じることもあるかもしれませんが、これはこれで普通に美味しく食べられます。

1kg248円なので、コスパの良さは間違いありません。

次はおしるこ(アレンジレシピ)にして食べてみる!

おしるこのレシピ

実はこの水ようかん、家で簡単に出来るアレンジレシピとして、おしるこがあります。その作り方は紙パックの側面に記載されています。今回、せっかくなのでおしるこを作ってみることにしました。

耐熱容器に入った水ようかん

まずは水ようかんを6分の1(約160g)ほどをカットし、耐熱容器へと移します。

水ようかんを電子レンジで加熱

ラップをかけて電子レンジ(500W)で約1分50秒加熱。

水ようかんが溶けた汁

すると、先ほどの固定物であった水ようかんが圧倒間におしるこの汁に。

とろとろのおしるこの汁

においは間違いなく美味しいおしるこのにおい。

フライパンで焼いた餅

そしてお次はフライパンでお餅を焼きます。

出来上がったおしるこ

良い感じに焼き目がついたお餅を汁の中へ投入されば、おしるこの完成。業務スーパーの水ようかんとお餅さえあれば簡単におしるこを作れるので、冬の寒い時期なんかにとてもオススメです。

おしるこのアップ

見た目は間違いなく美味しいおしるこ。

おしるこを食べる

食べてみると、やはりやや汁自体の甘さが弱い感もありますが、それでも美味しく食べることは出来ました。手軽におしるこを作れるという点ではかなり良い。

開封後の保存は冷凍保存がオススメ

一食分をラップで巻いた水ようかん

ちなみに紙パック入りの水ようかんは一度開封すると、そのまま食べ切ってしまうか、何らかの容器へ移し替えて保存し早めに食べ切る必要があります。もし、もう少し長く保存してゆっくり食べたいなら、冷凍保存するのがオススメ。まずは、1食分に切り分けた水ようかんをラップで包みます。

ラップで巻いた水ようかんをジップロックへ入れる

小分けしラップで包んだ水ようかんをジップロックへとまとめて入れます。

水ようかんを冷凍庫へ入れる

そしてあとは冷凍庫へ入れるだけ。これでそれなりに長めに保存しておくことが出来ます。

冷凍した水ようかんを解凍する

食べたくなったら、冷蔵庫の中か常温で解凍すればいいだけです。

アイスにした水ようかんが意外と美味しい!

凍らせた水ようかん

せっかくなので、凍らせてアイス状になった水ようかんも食べてみることに!

凍った水ようかんを食べる

これが意外と美味しい。味はあずきバーみたいで普通に美味しい。正直、おしるこにして食べるよりもこっちのほうが断然有りと思えるぐらい美味しいです。食べ方としては、カチカチの状態で食べるよりも半分溶け掛けの状態で食べるのがオススメ。夏に水ようかんをそのまま食べるのも良いですが、アイスにして食べてみるのもオススメ。

業務スーパーの水ようかん、夏はそのまま、冬はおしるこにと年中美味しく食べられる!

業務スーパーの人気紙パックスイーツ

今回業務スーパーで買った紙パック入り水ようかんは評判通りコスパの良い商品でした。248円で水ようかん1kg(7~8人分)も食べられるので、本当にコスパは凄いです。また、そのまま食べても良いし、おしるこして食べる、アイスにして食べると工夫次第で色々な食べ方が出来るというのも凄いところ。また、機会があれば水ようかん以外の紙パックスイーツも買って食べてみたいと思いました。

業務スーパー「水ようかん」の詳細情報

業務スーパーの水ようかん
商品名水ようかん
価格248円
内容量1kg
カロリー1190kcal
栄養成分エネルギー1190kcal/たんぱく質16g/脂質2g/炭水化物281/食塩相当量1g
原材料こしあん(果糖ぶどう糖液糖,砂糖,小豆,粉末小豆),果糖ぶどう糖液糖,食塩/糊料(増粘多糖類),乳化剤,クエン酸Na,塩化K,乳酸Ca,(一部に大豆を含む)
保存方法10℃以下で保存
賞味期限約2カ月
製造者豊田乳業
こちらの記事もオススメ