FOOD

懐かしい「エブリバーガー(ブルボン)」を久々に食べてみたら、やっぱり美味しかった!

エブリバーガー

スーパーのお菓子コーナーで懐かしのお菓子、ブルボンの「エブリバーガー」を発見。普段よく行くスーパーやコンビニでは今まで見かけたことはなかったのですが、普段とはたまたま違うスーパーに行った時に売ってるのを見つけました。昔小さい頃によく食べていたお菓子なので当然即買い。子供の頃以来、かなり久々にエブリバーガーを食べてみたので、この記事で紹介したいと思います。

懐かしのお菓子「エブリバーガー」をスーパーで売っているのを見つけた!!

スーパーで売られているエブリバーガー

今回、懐かしいお菓子、ブルボンの「エブリバーガー」を買ってみました。自宅近くにあるセブンイレブンやローソンなどのコンビニはもちろん、イオンでも今まで見かけたことなかったのですが、たまたま行った‟TRIAL(トライアル)”というスーパーで売ってるのを見つけました。トライアルは全国に200店舗以上展開している激安スーパーです。1個税込129円で売っていました。

そもそも「エブリバーガー」とは

エブリバーガー

エブリバーガーとは、クレープクッキー「ルマンド」やチョコビスケット「アルフォート」、チョコレートケーキ「シルベーヌ」などのお菓子で有名な大手お菓子メーカーブルボンのお菓子。ビスケットでミルクチョコレートを挟みハンバーガーのような見た目をしているのが特徴。サクサク食感のビスケットとまろやかなミルクチョコレートとの相性が良く美味しいのはもちろん、その可愛い見た目から1985年発売から現在に至るまでブルボンを代表する人気商品。

ただし、現在はその他の新しいお菓子に押される形で、スーパーやコンビニなどの店頭で見かける機会が減っています。今回、トライアルというスーパーで久々に見つけたのはとてもラッキーでした。

エブリバーガーを食べる前に「間違い探し」に挑戦!!

エブリバーガーを開封

自宅で持ち帰ったエブリバーガーを早速食べようと、外箱を開けてみると、フタの裏になにやら「まちがいさがし」を発見。昔からこの間違い探しがあったのか、最近のエブリバーガーで間違い探しが誕生したのかは分かりませんが、せっかくなのでまずはこの間違い探しに挑戦してみることにしました。

エブリバーガーの間違い探し

間違い探しは、右と左の絵を比べて違うところを4つ探すというもの。エブリバーガーは子供向けのお菓子なので、4つの間違いぐらいすぐに見つけられるだろうと思っていたのですが、これが意外と難しい。頑張って間違いを3つは見つけたのですが、最後の1つが全く見つからない。右上に難易度として「ふつう」とありますが、5分ぐらい頑張っても最後の1つが見つけられず。ちなみに間違え探しの答えは、箱の底にあります。この記事の最後に間違い探しの答えも掲載しておくので、是非挑戦してみてください。

エブリバーガーを久々に食べてみる!!

エブリバーガー

間違い探しを終えたところで、中の袋の封を開け久々のエブリバーガーとご対面。外箱だけでもかなり懐かしかったのですが、このハンバーガー型のお菓子を直に見てさらに懐かしくなりました。

エブリバーガーの内容量

ちなみに外箱と内袋から全部取り出してみるとこんな感じ。1箱あたりの内容量は66g、数にすると全部で16個入っていました。

エブリバーガーの真上からの見た目

エブリバーガーはハンバーガーのバンズを模したビスケット2枚でチェダーチーズとパティを模した黄色と茶色のミルクチョコレートを挟んだお菓子。あらためて、じっくり見てみるとそのクオリティはかなりのもの。ビスケット上にはゴマが乗ってあり、さらに焼き目も。

エブリバーガーの真横からの見た目

真横から見てみると、見た目は美味しそうなチーズバーガーそのもの。これでもかというぐらいにミルクチョコレートがビスケットからはみ出ているのも良い感じ。

エブリバーガーを食べる

では、おそらく20年ぶりぐらいにエブリバーガーを食べてみます。

美味しい!サクサクした食感のビスケットとまったりまろやかなミルクチョコレートとの相性が良く美味しい。チョコレートはしっかり甘さがあるので、小さい頃の自分がそうだったように子供は絶対喜ぶ味。また、ビスケット上のゴマが香ばしくちょっとしたアクセントになっているのも良い。これは大人も一度食べ出したら止まらないやつです。

エブリバーガーは冷やして食べるのがオススメ

エブリバーガーを冷蔵庫に入れる

個人的にエブリバーガーは常温で保存しておいたものを食べるよりも、冷蔵庫でキンキンに冷やしておいて食べるのがオススメです。常温のまま食べるのも、チョコレートがやわらかめで口の中ですぐに溶けていくので美味しいのは美味しいのですが、冷やすことで硬くなったチョコレートの食感を楽しむことが出来ます。

冷蔵庫で冷やしたエブリバーガー

これが冷蔵庫でキンキンに冷えたエブリバーガー。正直見た目では常温のままのエブリバーガーとほとんど変わりません。

冷やしたエブリバーガーを食べる

キンキンに冷えたエブリバーガーはやっぱりウマい!常温のままで食べるのも美味しいけど、やっぱり個人的にはこの冷えたエブリバーガーが好きです。子供の頃もよくチョコレート菓子はこのエブリバーガー同様に冷蔵庫で冷やして食べていました。冷やすことでチョコレートの食感がよくなるし、アイスのような味わいにもなります。特に夏場にはオススメ。

エブリバーガーの間違い探しの答え

エブリバーガーの間違い探しの答え

エブリバーガーのフタ裏にある間違い探しの答えは、上記の写真の通り、ゴルフゴール(野球ボール)とドライバー(パター)、草の向き、カラスの位置の4つです。最初の3つは見つけることは出来たのですが、僕はカラスの位置は見つけることが出来ず、答え合わせをしてもしばらく「えっ、どこが違うの?」っていう感じでした。子供用お菓子の間違え探しですが、やってみると意外と難しかったです。

エブリバーガー(ブルボン)の詳細情報

エブリバーガー
商品名エブリバーガー
内容量66g
カロリー341kcal
栄養成分1箱当たり エネルギー341kcal/たんぱく質5.0g/脂質17.4/炭水化物42.0g(糖質40.3g/食物繊維1.7g)/食塩相当量0.2g
原材料小麦粉,砂糖,カカオマス,全粉乳,植物油脂,ショートニング,マーガリン(乳成分を含む),乳糖,バター,脱脂粉乳,ココアバター,加糖練乳,液全卵,うるちひえパフ,ごま,ぶどう糖,食塩,乾燥卵白(卵を含む)/乳化剤(大豆由来),膨張剤,香料(乳由来),着色料(カロテノイド)
アレルギー物質乳・卵・小麦・大豆・ごま
保存方法直射日光,高温多湿をさけ、28℃以下で保存
賞味期限約10カ月
製造者株式会社ブルボン
こちらの記事もオススメ