FOOD

鳥取駅近くの「ごっつぉラーメン」で鳥取名物‟牛骨ラーメン”を食べてみた

ごっつぉラーメン

鳥取県を代表するご当地ラーメンと言えば、牛骨ラーメン。牛骨ラーメンは、鳥取県中西部で誕生したラーメン。鳥取市より西にある倉吉市、米子市、境港市では、牛骨ラーメンを提供するお店がたくさんありますが、鳥取市ではあまり見かけません。そんな中、倉吉に本店を構えるごっつぉラーメンが駅近で牛骨ラーメンを提供していると知り、食べに行ってきました。

鳥取名物牛骨ラーメンを食べに、ごっつぉラーメンへ行ってきた

ごっつぉラーメンの外観

今回やってきたのは、ごっつぉラーメン鳥取店。ごっつぉラーメンは、ラーメンの出汁を豚骨ではなく牛骨でとるまぎれもない牛骨ラーメンを提供するお店です。本店は牛骨ラーメンの発祥エリアである鳥取中部の倉吉(倉吉本店)にあります。そのほかに松江(松江伊勢宮弐号店)と米子(米子店)にも店舗があります。鳥取市では、今回やってきた鳥取店とイオン鳥取店の2店舗。鳥取県を中心に山陰に複数店舗を構える人気の牛骨ラーメン屋さんです。

ごっつぉラーメンのメニュー

ごっつぉラーメン

ごっつぉラーメンの売りは、なんといっても牛骨ラーメン。ごっつぉラーメンは牛骨スープに鶏ガラスープ、豚足スープ、魚介スープなどをブレンドしているのが特徴みたいです。

ごっつぉラーメンのメニュー
  • ごっつぉらーめん 700円
  • 塩らーめん 700円
  • みそラーメン 800円
  • 赤らーめん 800円
  • ゆずらーめん 800円

定番のメニューはやはり、ごっつぉらーめん(700円)。そのほかにも塩ラーメン、みそラーメン、赤ラーメン、ゆずらーめん、塩バターらーめん、みそバターらーめんとかなりの種類のらーめんがあります。

また、フライドポテトや餃子といったおつまみメニューとお酒もあるので、居酒屋さん感覚で利用するのも良さそうです。実際、お店は飲み屋さんが多く集まるところにあるので、はしご酒として、または飲んだ後のシメとして利用する人も多いみたいです。

人気牛骨ラーメン「ごっつぉらーめん」を注文

牛骨ラーメン「ごっつぉラーメン」

今回注文したのは、当然定番のごっつぉらーめんです。トッピングは、のり、チャーシュー1枚、煮卵1個、メンマ、きくらげ、ネギ。見た目はなかなか豪華な感じです。スープの上には牛脂が浮いていて美味しそうです。

ごっつぉラーメンのレンゲ

特に印象的なのが、この田舎杓子。通常のレンゲと違って雰囲気があります。

初めての牛骨ラーメン、ごっつぉラーメンを頂く

ごっつぉらーめんのアップ

早速、人生初の牛骨ラーメンを頂きます。ごっつぉラーメン見た目はかなり美味しそうです。

ごっつぉラーメンのスープ

まずは、スープから。

スープは透明感があり、その上に脂がたっぷりと浮いています。早速いただく。うん、美味しい。思ったほど牛骨感はなく、あっさりとした印象。牛骨ラーメンは癖が強いと聞いていたのですが、ごっつぉらーめんはほとんど癖という癖はありません。味は焼肉屋さんのテールスープに近い感じ。あっさりとしているものの、後味でほんのりと甘みや香ばしさ、塩っ気みたいなものを感じます。

お酒を飲んだ後のシメとしては最高だと思います。

ごっつぉラーメンの麺

麺は中細縮れ麺。柔らかめでモチモチした食感で美味しいです。お酒を飲んだ後に食べるラーメンとしては、かなり良いと思います。

ごっつぉラーメンのチャーシシュー

チャーシューはやや硬めだったので噛み応えがありました。

ごっつぉラーメンの煮卵

煮卵は良い感じの柔らかめでした。味はチャーシューと同じで特に主張が強くないので、スープの味を楽しむ邪魔をしない感じです。

ごっつぉラーメンを食べてみて、特に癖はなく食べやすいラーメンでした。牛骨感を味わいたい人には物足りないかもしれませんが、鳥取駅周辺でお酒を飲んでそのあとのシメとして食べるラーメンとしてはかなり良いと思います。

ごっつぉラーメン鳥取店の詳細情報

ごっつぉラーメン
店名ごっつぉラーメン 鳥取店
住所鳥取県鳥取市末広温泉町159-4
営業時間18:00~翌2:00(金・土のみ翌2:30)
定休日日曜日(月曜が祝日の場合は日曜営業、月曜休業)
駐車場無し(近くにコインパーキング有り)
食べログごっつぉラーメンの食べログページ

ごっつぉラーメン鳥取店へのアクセス

ごっつぉラーメン鳥取店へは鳥取駅から徒歩5分です。鳥取駅北口から県庁へと向かうメインストリートを進み、若桜街道の交差点を右へと進むとすぐにごっつぉラーメン鳥取店があります。車で行く場合は駐車場は無いので、近くのコインパーキングを利用しましょう。

こちらの記事もオススメ