FOOD

セブンイレブンのフライドチキン‟ななチキ”がウマい!味は本家ケンタッキーに似ている

ななチキ

セブンイレブンのフライドチキン「ななチキ」を食べてみました。ネットではフライドチキン本家のケンタッキーの味に似ていると結構話題の商品です。また、リニューアルを重ねどんどんウマくなっていると美味しさにも定評があるので、この度買って食べてみることにしました。この記事では、ななチキの食レポを紹介しています。

セブンイレブンのななチキを買ってみた

セブンイレブンのななチキ

今回、セブンイレブンのレジ横の揚げ物コーナーにあるフライドチキン「ななチキ」を買ってみました。ななチキは188円の骨無しと278円の骨付きの2種類ありますが、今回買ったのは骨無しの方です。12月はクリスマスシーズンが近づくにつれてケンタッキーのフライドチキンが食べたくなりますが、ケンタッキーは混み合うのでセブンでその代わりとしてななチキを買ってみました。

ちなみにななチキは、ファミマのファミチキ、ローソンのLチキに続く形で2017年10月より発売開始された商品です。以前はリニューアルして新ななチキという名称で売られていたようですが、現在は普通にななチキとして販売されています。

早速、ななチキの袋をあけてみる

ななチキの袋の開け方

早速セブンイレブンで買ったななチキを家へ持ち帰り、袋を開けてみることに。実はななチキを買うのは初めてでどうやって袋をあけて食べようかと思っていたところ、裏面に「おいしいお召しあがり方」というのを見つけました。どうやら、キリトリ線があるからそれに沿って上部を取るようにすると、手を汚さずに上手く食べられるようです。

ななチキの袋の切り取り線

説明の通り、キリトリ線にそって袋の上部をとってみます。

袋から飛び出るななチキ

無事袋の上部を取ることが出来、ななチキと初のご対面です。見た目の印象としては、思ったよりも赤みがかった茶色でスパイシーな感じ。衣はやや固めでしっかりとした印象です。

ななチキを横から見た厚み

横から見てみると程よい厚みがあります。

ななチキの全体像

ななチキの全体像を見てみたく、まな板の上に出してみました。見た目としては、スパイシーで外サクサクの唐揚げみたいな感じです。衣がべちゃっとした感じは全くないので、もう食べるのが楽しみです。

ななチキを包丁で切る

すぐにでも食べたいところですが、中がどうなっているのか断面を見てみたくなり、包丁で半分に切ってみることにしました。

ななチキの断面

断面はこんな感じです。包丁で切ってみたところ、外の衣はサクサクで中のチキンはとても柔らかかったです。コンビニの揚げ物らしく油がジュワ~とたくさん垂れてくるのかなと思ったのですが、そこまででした。

セブンイレブンのななチキを食べてみる!!

ななチキを食べる

早速セブンのななチキを食べてみます!

美味しい!はっきり言ってかなり美味しい!セブンイレブンのケンタッキーを食べたいなと思っていたのですが、正直これで十分と思えるぐらい美味しいです。味はケンタッキーよりの味でかなり美味しいです。鶏肉は柔らかく肉汁の旨味があるのですが、それほどくどさはなく一気に2個も3個も食べたくなる味です。これはリピ確実です!

ななチキの衣

まず、この衣のところが美味しいです。衣はサクサクで本当に今揚がったばかりのフライドチキンを食べているみたいな食感と美味しさです。味付けもやや濃いめでスパイシーな味わいでとにかくウマい!例えは良くありませんが、美味しい唐揚げの衣に近い感じです。

ななチキのジューシーなチキン

そして鶏肉もウマい!外の衣はサクサクとしていますが、中の鶏肉は柔らかいです。そして噛むと肉汁が口の中にジュワ~っと広がるジューシーさがあり、めちゃくちゃウマい。肉の厚みもそれなりにあり食べ応えも十分です。また、くどさはあまりないのも良いです。美味しいけど1回食べたらもうしばらくいいやと思うチキンではなく、これはまたすぐに、そして定期的に食べたくなる美味しさです。

また、フライドチキンが食べたくなったら、セブンに寄ってななチキを買うと思います。

セブンイレブン「ななチキ」の詳細情報

セブンイレブン「ななチキ」
商品名ななチキ
価格188円(税込203円)
カロリー197kcal
栄養成分1食当たり エネルギー197kcal/たんぱく質13.8g/脂質11.1g/炭水化物10.7g(糖質10.3g/食物繊維0.4g)/食塩相当量1.5g
主要原料・主要原料原産地鶏肉(タイ)
原産国タイ
本製品に含まれるアレルギー物質特定原材料7品目:卵・乳・小麦
特定原材料に準ずる20品目:大豆・鶏肉
こちらの記事もオススメ