GOOUT

初心者マークを一番安く購入するなら100均ダイソーへ行くのがオススメ

初心者マーク

自動車教習所へ通い晴れて運転免許証を取得したらすぐにでも購入したいのが、若葉をモチーフにした黄色と緑が目印の「初心者マーク(若葉マーク)」。免許取得後1年未満の運転初心者は車前後2か所への初心者マークの表示義務があり、マークを付けないで運転すると道路交通法違反となり罰金、減点対象となります。

そんな必須アイテムである初心者マークはどこで売っているのか、実は初心者マークの販売店はカー用品店、ホームセンター、ドラッグストア、100円ショップと意外と身近なところにたくさんあります。そんな中でも購入先として特にオススメしたいのが100均ダイソー。この記事では、その理由や初心者マークの張り付け方について詳しく紹介しています。

初心者マークとは

初心者マークとは
正式名称初心運転者標識
通称初心者マーク、若葉マーク
表示義務期間免許取得後1年未満の運転者(免許効力停止期間を除く)
表示義務位置車両の前方と後方の2か所に、地上0.4m以上1.2m以下の見やすい場所に表示
罰則反則金4,000円、行政処分点数1点

そもそも初心者マークとはどんなものか。免許取得後いつまで付ける必要があるのか、車のどこに張り付けるのか、またマークを付けないで走るとどのような違反となるのか気になるところ。

初心者マークとは、運転免許を取得したばかりの運転に不慣れな初心者ドライバーが運転していることを周囲のドライバーに注意喚起するために付けるマークのことで、正式名称は初心運転者標識。免許取得後最低1年は表示する義務があり、運転する車のフロントとリア両方に地上0.4~1.2m以下の見やすい場所に付ける必要があります。もし、この義務を怠った場合は道路交通法違反により、反則金4000円、行政処分点数1点となります。

運転免許取得後1年以上のドライバーでも特に問題なく初心者マークを付けることが可能です。普段あまり運転をせず、ごくごくたまにしか運転しないという人、ペーパードライバーでほとんど運転してこなかったという人は免許取得後1年以上経過している場合であっても安全安心のために初心者マークを付けておくのも有りです。

初心者マークを売っている主な販売店

初心者マーク販売店
販売店店舗例
運転免許試験場の売店売店
ホームセンターコーナン、カインズホーム
ドラッグストアウェルシア、ツルハドラッグ、マツキヨ
カー用品店オートバックス、イエローハット
100円ショップダイソー、セリア、キャンドゥ
ネット通販Amazon、楽天

初めて初心者マークを買う際、どこへ行けば売っているのか気になるところ。初心者マークは意外と上記のように、ホームセンター、ドラッグストア、カー用品店、100円ショップ、ネット通販とたくさん取り扱っているお店があります。免許取得後すぐに購入出来るのは、本試験を受ける運転免許センターの売店。また、近くに取り扱っているお店が無いという場合でも通販でも購入可能なので基本的にどこに住んでいる人でも割とすぐに入手することが出来ます。

また、一番身近にあり何でも取り扱っているお店と言えば、セブンイレブン、ローソン、ファミマといったコンビニですが、残念ながらコンビニでは初心者マークは販売していません。運転免許試験場や自動車教習所すぐ近くのコンビニではもしかすると取り扱っている場合もあるかもしれませんが基本的には売っていません。

自動車教習所で無料で貰える場合もある

1枚300~700円ぐらいする初心者マークは、無料で貰えるケースもあります。それが、自動車教習所(自動車学校)へ入校する際や卒業する際にプレゼントされる場合です。全国各地すべての自動車教習所で無料で貰える訳ではありませんが、一部の教習所では教習生に対しタダで初心者マークを配布しているようです。実際、僕自身も教習所へ入校した際にマグネットタイプの初心者マークを2枚いただきました。

初心者マークを買うなら100円均一ダイソーがオススメ

理由①100円で購入出来る

ダイソーで買った初心者マーク

初心者マークを購入するなら、どこのお店(売り場)へ行って買うべきか。オススメは断然100円ショップのダイソーです。その一番の理由は、どこのお店へ行くよりも一番安く初心者マークが売っているから。1枚税抜100円で販売されているので、車のフロントとリア用2つ買っても税抜200円と安い。通常、初心者マークは1枚300~700円ぐらいするのでかなりお得です。

理由②マグネットタイプと吸盤タイプ両方売っている

ダイソーの初心者マーク売り場

ダイソーをオススメする二つ目の理由は、マグネットタイプと吸盤タイプの両方が売っているからです。マグネットタイプは外ボディに直接貼り付けるタイプで、吸盤タイプは車内に設置するタイプ。それぞれメリットとデメリットがあるため、100均大手のダイソーなら自分に合ったタイプを選ぶことが出来ます。

理由③普通に問題なく使えるからコスパが良い

100円の初心者マークと普通の初心者マーク

ダイソーの初心者マークをオススメする三つ目の理由は、実際に使ってみて普通に問題なく使えているからです。今年免許を取得したばかりの妻のために購入したのがダイソーの初心者マーク。ちなみに上記写真の左側が教習所で貰った100円ではない一般的な初心者マークで、右側がダイソーで買った100円の初心者マーク。大きさ、デザイン、色味、使い心地ともにほぼほぼ同じ。若干、教習所で貰ったマークの方が光への反射が良く、夜の視認性が良いという違いぐらい。

ダイソーの初心者マークを実際使ってみる前は、走行中に外れてしまわないか心配でしたが、普通にそんな心配は無用でした。なので、コスパは本当に最強。初心者マークへの特別なこだわりがない限り、ダイソーで安く買うのがオススメ。

知っておきたい初心者マークの付け方

フロント(前方)

フロントへの初心者マークの付け方
マグネットタイプ吸盤タイプ
OK
(車外)
NG

初心者マークを車前方(フロント)へ付ける際に一番注意しておきたいのが、吸盤タイプをフロントガラスに設置するのはNGということ。フロントガラス及び前席側面ガラスに設置出来るのは、道路運送車両保安基準第29条第4項第6号および細目公示第195条第5項に規定されているように、車検シール、法定点検ステッカー、ドライブレコーダー、ETCアンテナなどに限定されます。そのほか運転中の視界の妨げとなるものは設置出来ないため、フロントに限っては車内フロントガラスに設置する吸盤タイプの初心者マークは使用できません。

フロントへ表示出来る初心者マークは、直接外ボディに張り付けるマグネットタイプ(或いはシールタイプ)のみです。貼り付け場所は、地上0.4m以上1.2m以下の高さで前方から見やすく、さらにヘッドライトといった灯火類を邪魔しない場所であれば左側・真ん中・右側などに関係なく基本的にどこでもOKです。

リア(後方)

リアへの初心者マークの付け方
マグネットタイプ吸盤タイプ
OK
(車外)
OK
(車内)

車後方(リア)への取り付けは、マグネットタイプと吸盤タイプどちらの初心者マークでも大丈夫です。外ボディに傷が付く、日焼けムラが出来るというのが心配であれば車内へ張る吸盤タイプがオススメ、しっかりと周囲に初心者であることを注意喚起したいなら外ボディで貼れて視認しやすいマグネットタイプがオススメ。

リアへ張り付ける場合も、フロント同様に地上0.4m以上1.2m以下の見やすい高さで、ブレーキランプなどの灯火類の邪魔とならない場所であれば大丈夫。リアで注意しておきたいのは、吸盤タイプを誤って外に取り付けてしまうこと。吸盤タイプはマグネットタイプよりも風の抵抗を受けて外れやすいため、吸盤タイプを使用する場合は必ず車内に取り付けるようにしましょう。

初心者マークへの煽り対策にドライブレコーダーステッカーを合わせて買っておくのもオススメ

ダイソーのドライブレコーダーステッカー売り場

最後に、100円均一ダイソーへ行って初心者マークを買うなら一緒にドライブレコーダーステッカーを買っておくのもオススメ。その理由は、初心者ドライバーをわざといじめる煽り運転対策となるから。

通常初心者マークを付けている車に対し、周囲のドライバーが車間距離を多めに取ってくれる、狭い道で道を譲ってくれるなど様々な気遣いをしてくれることが多いのですが、ごくごく稀に初心者マークを狙って車間距離を必要以上に詰めてくる、幅嫁してくるといったように、煽ってくる車もいます。そういった悪質なドライバーへの対策として、「ドライブレコーダー録画中」と記載されたドライブレコーダーステッカーをリアに貼っておくと効果的です。100均であれば100円で購入出来るので、初心者マークのついでに合わせて買っておくと安心です。

こちらの記事もオススメ