GOOUT

最強イコライザー設定である「Perfect」と「EargasmExplosion」は車にもオススメ

カーナビ

車内で音楽を聴く際にカーナビ(カーオーディオ)の音質に不満を持ったら、イコライザー調整をしてみるのがオススメ。イコライザー機能で音の各周波数帯域の数値を少し変更するだけで簡単に音質を向上させたり、重低音を重視する(或いは中高音を重視する)といったように自分好みの音へと手軽に改善できます。

初めてイコライザー設定をいじる際、どのような設定にチューニングするべきか悩むところですが、どんなジャンルの楽曲にもマッチする“iTunesの最強イコライザー設定”である「Perfect(パーフェクト)」と「Eargasm Explosion(イヤガズム・エクスプロージョン)」がオススメ。実際にホンダ純正ナビGathers(ギャザズ)で設定してみたところ、純正ナビと純正スピーカーでありながらも音質はかなり良くなりました。

イコライザーとは

イコライザー設定

そもそもイコライザー(Eaqualizer、略称EQ)とは何か。イコライザーとは、音声信号の周波数特性を変更する音楽機器のこと(wikipediaより)。分かりやすくすると、音の各周波数帯域(低音域・中音域・高音域)の出力を調整することで、音質を変更出来る機器(或いは機能)のこと。さらに簡単に言えば、音質を自分好みに調整出来る便利な機器(機能)のこと。

例えば、iPhoneユーザーお馴染みのApple純正音楽管理ソフトであるiTunesはイコライザー機能を備えています。そのため、パソコンでiTunesを立ち上げ音楽を聴く際、イコライザー設定をいじることで簡単に自分好みの音質へと調整出来ます。

イコライザー調整のやり方

イコライザー設定画面iTunesイコライザー設定画面

音質を向上させる、自分好みの音質に調整するといったように、イコライザー調整をする際、実際にどのようにやるのか。そのやり方はとても簡単です。イコライザー設定画面上にある横軸の「周波数帯域(単位:Hz(ヘルツ))」の変更したいところの縦軸「ゲイン(単位:dB(デシベル))」を上下に動かすだけです。0dBを基準に上に動かすことでその周波数帯域を強調することが出来、逆に下に動かすことで弱めることが出来ます。ちなみに周波数帯域は、~200Hzが低音域、200Hz~1KHzが中音域、2KHz~が高音域に相当します。

例えば、iTunesの場合は、横軸である周波数帯域は、低音域の32Hz・64Hz・125Hz、中音域の250Hz・500Hz・1KHz、高音域の2KHz・4KHz・8KHz・16KHzの10バンドあり、縦軸であるゲインは-12dB~+12dBまであります。実際に音楽を流しながら、それぞれの周波数帯域を上げたり、下げたりすることで、自分好みの音質へと調整出来ます。

低音重視の設定

低音重視のイコライザー設定

イコライザー調整で低音を重視したい場合は、低音域(~200Hz)を上げます。32Hzと64Hzを上げることで音に重厚感と臨場感が加わります。さらに125Hzを上げると低音にふくらみが出ます。また単純に低音域を上げるだけだと音がこもった印象になってしまうためその対策として高音域も上げて設定します。

中音重視の設定

中音重視のイコライザー設定

ボーカルの音を引き立てるために中音を重視したい場合は、中音域(200Hz~2KHz)を上げます。500Hzと1KHzを上げることでボーカルの声がよく際立つようになります。さらに低音域、特に125Hzを下げることでよりボーカルの美しい声がクリアに聞こえるようになります。

高音重視の設定

高音重視のイコライザー設定

高音を重視したい場合は高音域(2KHz~)を上げます。高音域を上げることで、サウンドは明るく華やかな印象へと変わります。また、4KHzを少し下げ段差を作ることで、全体にメリハリのある音となります。

最強イコライザー設定はこの2つ

パーフェクト(Perfect)

イコライザー「パーフェクト」

●イコライザー・パーフェクトの設定
32Hz:+3dB
64Hz:+6dB
125Hz:+9dB
250Hz:+7dB
500Hz:+6dB
1KHz:+5dB
2KHz:+7dB
4KHz:+9dB
8KHz:+11dB
16KHz:+8dB

イコライザー調整の操作自体は簡単でも、バランスのとれた“良い音質”と言われるサウンド設定にするのは意外と大変。そこでオススメしたいのが、「Perfect(パーフェクト)」と呼ばれるイコライザー設定。このパーフェクトは2004年頃よりiTunesの完璧過ぎる最強のイコライザー設定として人気になったもの。特に流す音楽に合わせイコライザーを個別にチューニングする必要はなく、どんなジャンルの楽曲にもマッチする万能な設定。あまりに簡単に音質を高音質へと変更出来る設定方法として話題となり、現在に至るまでイコライザー設定の定番中の定番となっています。

ちなみに上記設定はiTunesの場合。カーナビを始め他の音楽再生機器では、横軸のバンド数、縦軸のゲイン幅に違いがあるため完璧に同じ設定には出来ないものの、それぞれの点を結んで出来るイコライザーカーブを上記のものと似るように設定することで、同じような音質にすることが出来ます。

イヤガズム・エクスプロージョン(Eargasm Explesiton)

イコライザー「イヤガズム・エクスプロージョン」

●イコライザー・イヤガズムエクスプロージョンの設定
32Hz:+3dB
64Hz:+6dB
125Hz:+9dB
250Hz:+7dB
500Hz:+6dB
1KHz:+5dB
2KHz:+7dB
4KHz:+4dB
8KHz:+11dB
16KHz:+8dB

イコライザー設定でもう一つのオススメは、「Eargasm Explosion(イヤガズム・エクスプロージョン)」。この設定はPerfect(パーフェクト)を超える最強のイコライザー設定として2016年頃より人気となった設定です。プロの音楽家がPerfectに改良を加えメディアミックスブログサービスであるTumblr上で公開したもの。Perfectとの違いは、4KHzを少し下げることで音にメリハリがありクリアな音質になっていること。

ホンダ純正カーナビ「Gathers」のイコライザー設定の方法

設定方法①

iTunes同様、車のカーナビ(カーオーディオ)のイコライザー調整も簡単です。早速、ホンダ純正カーナビであるGathers(ギャザズ)を例にイコライザー設定の方法を紹介していきます。まずは、メニューボタンを押しメニュー画面を開きます。その中にある「設定」の項目を選びます。

設定方法②

設定画面に進むと、「サウンド」という項目があるのでそれを選びます。

設定方法③

イコライザー機能を備えるカーナビ(カーオーディオ)では、予めヴォーカルを引き立たせるための設定、重低音を重視するための設定がプリセットされていることが多いので、まずはそれを試してみるのもオススメ。自分でパーフェクト(Perfect)やイヤガズム・エクスプロージョン(Eargasm Explosion)にカスタマイズしてみたいという場合は、「詳細設定」を選びます。

設定方法④

通常「OFF」になっているところ、「USER」を選択するとイコライザーを自分で設定出来るようになります。横軸にある周波数帯域の縦軸のゲインを上げたり下げたりすることで、自分好みの音質へと設定出来ます。

設定方法⑤

早速、iTunes最強イコライザー設定の一つである、パーフェクト(Perfect)を設定してみました。ホンダ純正カーナビGathersは上記の通り、iTunesの10バンド(横軸)と違い13バンド、縦軸は-12~+12と違い-10~+10。このように、カーナビ(カーオーディオ)の場合はiTunesとは横軸の周波数帯域と縦軸のゲインに違いがあるため完璧に同じ設定には出来ません。そこで、パーフェクトに似るように設定してみたのが上記の「+3、+6、+9、+8、+7、+6、+5、+5、+7、+8、+9、+10、+8」という設定です。

設定方法⑥

パーフェクトだけではなく、イヤガズム・エクスプロージョン(Eargasm Explosion)も設定してみました。こちらは、「+3、+6、+9、+8、+7、+6、+5、+5、+7、+4、+3、+10、+8」という設定です。3.15Kと5Kのところだけパーフェクトよりも下げています。

イコライザー調整で簡単に車のカーナビの音質が良くなった!!

車内スピーカー

今回、ホンダ純正カーナビGathers(ギャザズ)のイコライザー設定で、iTunesで最強のイコライザー設定として人気のあるパーフェクトとイヤガズム・エクスプロージョンを設定してみましたが、本当にカーナビの音質が格段に良くなりました。もちろん、車内のスピーカーは標準装備のもので特別なスピーカーではありません。それでも、「こんなに違うのか」とびっくりするぐらい、はっきりと音質が良くなったのを実感出来ました。

具体的にどう音質が変わったのか。簡単に言うと、イコライザー調整によって音が前へと来るようになりました。音にメリハリがつき、輪郭がはっきりとした印象です。パーフェクトとイヤガズム・エクスロージョンどちらの設定がより良いのかは好みの問題ですが、どちらも本当に簡単に音質を良くすることが出来る最強の設定でした。

車内で音楽を聴くなら、Amazon Music Unlimitedがオススメ

Amazon Music Unlimited

車内で音楽を聴いているなら、イコライザーをいじりパーフェクトとイヤガズム・エクスプロージョンを試してみるのがオススメ。また、Bluetooth接続でスマホから音楽を流すなら、「Amazon Music Unlimited」を利用してみるのがオススメ。

Amazon Music Unlimitedは月額980円(プライム会員の場合は月額780円)で6,500万曲が聞き放題の音楽配信サービスです。最近流行りの曲から少し前の人気曲までかなりの数の楽曲が聞き放題なのでドライブ中に音楽を楽しむのにかなりオススメ。Amazon Musicは予めアプリ内で気に入った楽曲をダウンロード、或いはプレイリストをフォローしておくことでオフライン環境で音楽を流すことも出来ます。そのためWi-Fi環境のない車内でも通信制限を心配することなく、音楽をたくさん流すことが出来ます。

Amazonプライム会員の人はもともと100万曲聞き放題のPrime Musicは利用出来るのですが、Prime Musicだと最近の曲はほとんどなくちょっと前の古い曲ばかりなので断然Amazon Music Unlimitedがオススメ。

こちらの記事もオススメ