GOOUT

初めてカプセルホテルを利用する人必見!正しい使い方と知っておきたい基本ルールなどのまとめ

カプセルホテル

ビジネスホテルに比べてかなり安い料金で宿泊できるのがカプセルホテル。カプセルホテルは安いので出張費用や旅行費用を抑えたい時に便利なのですが、通常のビジネスホテルと使い勝手が違うため初めて利用する人にとってはなかなかハードルの高い宿泊施設でもあります。

僕も初めてカプセルホテルを利用するにあたり、荷物はどこに置いたら良いのか、貴重品はどう管理したら良いのか、シャワーや食事はどうしたら良いのか分からないことだらけでした。そこで、この記事では初めてカプセルホテルを利用する人でも安心できるように、カプセルホテルの使い方や基本的なルールなどを紹介したいと思います。

カプセルホテルとは

カプセルホテル

そもそもカプセルホテルとは何か。カプセルホテルとは、カプセル状の簡易ベッドを備えた簡易型宿泊施設です。通常のビジネスホテルと違って、部屋一つが与えられるのではなく、人1人が横になれるぐらいのカプセルルームが寝室として与えられる形となります。

カプセルホテルの料金

ビジネスホテルに比べると、かなり狭い空間での宿泊となるカプセルホテル。現在、カプセルホテルは全国各地に点在し、学生さんからサラリーマンまで多くの人が活用しています。わざわざカプセルホテルを選ぶ理由は、圧倒的な宿泊料金の安さです。カプセルホテルなら、割引の無い通常料金でも1泊3,000円代で宿泊できるので出張や旅行費用を大きく抑えることが出来ます。

また、ネットのホテル予約サイトなどを活用すれば、2,000円代で予約出来ることも珍しくなく、節約旅行の鉄板の宿泊先となっています。

カプセルホテルの施設

カプセルホテルの寝室自体は、居住スペースの非常に狭い、単に寝ることだけに特化したスペースです。ただし、その分共有スペースとなるその他の施設はかなり充実しているのも特徴。多くのカプセルホテルは、サウナ&スパを兼ねているので、大浴場やサウナで1日の疲れを気持ちよく癒すことが出来ます。

さらに休憩スペースや飲食スペース、マッサージスペース、コミックルームなど意外とカプセルルームはビジネスホテルよりも施設が充実しているのです。だから敢えてビジネスホテルではなくカプセルホテルを利用するという人もいるぐらいです。

カプセルホテルの使い方~チェックインからチェックアウトまでの全手順

①予約する

カプセルホテル

カプセルホテルに宿泊する場合、まずは予約する必要があります。予約方法は、普通のビジネスホテルを予約する時と同じです。直接カプセルホテルに電話して予約するか、カプセルホテルの公式HPからネット予約するか、楽天トラベルやじゃらんnet、トラベルコといったホテル予約サイトから予約するかします。

オススメは、ホテル予約サイトから予約する方法。通常の正規料金よりも安く予約することが出来るので、色んな予約サイトを見てみて一番料金が安いところで予約しましょう。

②フロントでチェックインする

シューズロッカー

宿泊日当日、予約していたカプセルホテルに到着したら、フロントで「予約していた〇〇です。」と伝えチェックインしましょう。ここで、普通のビジネスホテルと違うのは、入館後すぐに靴を脱ぐということ。靴を脱いでシューズロッカーに靴を入れて、シューズロッカーの鍵を持ってフロントへ行きチェックイン作業を開始します。

カプセルホテルのロッカーキー

フロントのスタッフさんから館内の利用方法や注意事項の説明を受け、リストバンド型になっているロッカーの鍵を受け取ります。通常、ビジネスホテルはホテルキーを受け取りチェックイン作業完了となりますが、カプセルホテルの場合はホテルキーの代わりにロッカーキーを受け取りチェックイン作業完了となります。

③ロッカーに貴重品と荷物を入れる

ロッカー

フロントで受け取ったロッカーキーを持って、自分のロッカーのところへ行きます。カプセルホテルでは、このロッカーの中に基本的に全ての荷物を入れておきます。個人カプセルは鍵が無いので、大事なものをカプセル内に置いていると盗難の被害にある可能性があります。また、カプセル内は狭いので荷物を持ち込むと邪魔です。そのため、ロッカーに全ての荷物を入れておきましょう。

もし、必要なものが出てきたらその都度ロッカーへ取りに行けば良いです。このロッカーは唯一鍵付きで安心して荷物を置けるスペース。ここの鍵はとても重要なので、カプセルホテル内にいるときは絶対に肌身離さず持っておきましょう。

また、キャリーケース(スーツケース)といった大きな荷物でロッカーに入らないような場合はフロントで預かってもらうようにしましょう。自分の部屋へ持ち込むのは物理的に無理で、部屋の前の共有スペースに置くのは厳禁です。

④館内着に着替える

館内着

ロッカーの中には館内で着用する専用の浴衣(ガウン)が入っています。ロッカースペースは、更衣スペースにもなっているので、その場で浴衣に着替えてしまいましょう。カプセル内はとても狭く着替えづらいので、ここで着替えてしまうのがベストです。そして、脱いだ服もそのままロッカーへと入れておきましょう。ロッカー内にはハンガーもあるので、スーツを着用してやってきたサラリーマンの人でも安心です。

館内着着用必須の案内

カプセルホテルによっては、館内を自由な服装で移動出来るところもありますが、指定の浴衣(ガウン)を着用する必要があるところもあります。

⑤大浴場・サウナへ

大浴場

ロッカーへ全て荷物を置いたら、そのままカプセルへ行っても良いですが、先に大浴場へ行ってしまいましょう。カプセルは寝るための最低限の空間になっているので、早めにカプセル内へ行っても大してくつろぐことは出来ません。カプセルの部屋へ行くのは本当に寝る前で十分です。

ちなみにバスタオルやフェイスタオルは、ロッカーに入っているか大浴場・サウナの脱衣所にあります。自前で持って行く必要はありません。

⑥休憩室で休憩

休憩スペース

お風呂からあがったら休憩室で少しゆっくりするのがオススメ。カプセルホテルは大抵ゆっくりとくつろげる休憩スペースがあります。休憩スペースにはリクライニングチェアやソファーがあり、テレビや新聞を見ながらゆっくりとくつろぐことが出来ます。カプセルホテルによっては、漫画喫茶のように雑誌・漫画が読めるところもあります。

休憩室でコーラを飲む

カプセルホテル内には自動販売機もあるので、ドリンクを片手にリクライニングチェアやマッサージチェアに座ってゆったりすると良いでしょう。

⑦飲食スペースで食事をとる

定食

カプセルホテルは、カプセルフロアでは飲食禁止です。なので、食事を摂りたい場合は、飲食スペースへ行ってそこで済ませましょう。カプセルホテルによっては、食事処があり普通に晩御飯を食べたり、お酒を飲みながらつまみを食べられるところもあります。また、食事を済ませていないという人は館内の食事処を利用してみましょう。また、チェックイン後の外出もOKなので、フロントのスタッフにロッカーキーを預け、外へ食べに行くのも有りです。

⑧カプセルルームで寝る

カプセルホテル

カプセルホテルの施設でお風呂に入ったり、食事をしたり、休憩をしたりして全て用を済ませ横になりたいとなったら、あとは自分の部屋(カプセルタイプ)へ行って寝るのみ。部屋は通常のビジネスホテルのシングルと比べたらめちゃくちゃ狭いですが、寝るだけなら十分なスペースです。床は普通のベッドなので、案外ぐっすりと眠ることが出来ます。

⑨チェックアウトする

カプセルホテルの廊下

グッスリと眠って翌日の朝になったら、あとはチェックアウトするのみ。もちろん食事処で朝食を食べたり、朝風呂を楽しむのもOK。チェックアウトする時は、まずはロッカーへと行き、着替えを済ませロッカー内の自分の荷物を全て持ちます。

そして、ロッカーの鍵を持ってフロントのスタッフさんに「チェックアウトお願いします」と伝えロッカーキーを返却します。すると、スタッフさんからチェックイン時に預けたシューズのロッカーキーを渡されるので、あとは靴を履いて出発するだけです。

カプセルホテルの各部屋はこんな感じ!外観と客室内の設備

カプセルフロア

カプセルホテルのカプセルルームはこんな感じ。カプセルフロアにたくさんのカプセルがあり、上段と下段の2階式になっています。

上段カプセルへの階段

上段の部屋の場合、階段代わりとなる足置き場を利用して上に上がります。これが結構大変。上に登る時も下に降りるときも危なかったり、面倒だったりするので、基本的に上段と下段どちらか選べる場合は下段がオススメ。

真っ暗なカプセルルーム個々のカプセルの部屋はこんな感じ。部屋に行った時は、電気が付いていないので、部屋番号のすぐ近くにあるボタンを押し電気をつけます。

明るいカプセルルーム

電気をつけるとこんな感じ。カプセルホテルは、はっきり言って部屋はかなり狭いのですが、寝るスペースとしては十分な広さです。もちろん普通のシングルよりは狭いのですが、それでも普通に寝返りはうつことが出来ます。奥行も平均的な身長の人なら全く問題ない広さ。ただし、180cmを超えるような人は、少々奥行が狭い。僕は183cmですが、ギリギリ足を真っすぐ伸ばせる程度です。

カプセルルームの仕切り

ちなみに部屋には外から中が見えないように仕切りとなるカーテンがあります。新幹線や飛行機などのドアにある上から下に下ろす日よけみたいな感じです。ただし、鍵はありません。言ってしまえばだれでも自由に出入り出来てしまうので、貴重品は部屋には持ち込まず必ずロッカーに入れておきましょう。

枕と布団

部屋には枕と布団があります。

テレビ

テレビもあります。大きい音で見ると周りの人の迷惑となるので、部屋でテレビを見る時は音量を出来るだけ下げる必要があります。

枕元にあるスイッチ

また、枕元あたりにテレビの電源スイッチや音量調節のつまみ、部屋の明るさ調節のつまみ、目覚まし時計のセットするスイッチなどがついたものがあります。基本的にカプセルホテルの部屋では携帯電話はマナーモードにしておく必要があるので、目覚ましを使いたい場合は部屋に備えられている目覚ましを活用しましょう。

あと、部屋で個々が空調調節をすることは出来ません。ビジネスホテルだと、エアコンの温度を上げたり下げたり調節出来ますが、カプセルホテルの部屋ではそういった調節は出来ません。

コンセント

カプセルホテルの部屋には大体一つはコンセントの差込口があります。携帯電話だけを充電するならこれ一つで十分ですが、携帯電話と一緒にモバイルバッテリーやノートパソコンなど複数の電子機器を充電したい場合は、差込口を拡張できる電源タップや複数のUSBポートがあるACアダプタなどを持って行くのがオススメ。

カプセルホテルの天井

カプセルホテルは天井はかなり低いです。当然立つことは出来ません。なので、カプセル内で着替えをするのはかなり面倒です。着替えはロッカーのところや大浴場の脱衣所などでするようにしましょう。

最近はキャビンタイプのカプセルホテルも人気!

客室(キャビン)

カプセルホテルと言えば、上段と下段がある2段式のカプセルホテルが一般的です。しかし、最近はそういった今までのカプセルホテルの常識を覆すような最新型のカプセルホテルが増えてきました。その代表例がキャビンタイプのカプセルホテル。

キャビンタイプのカプセルホテルは今までのカプセルホテル同様、部屋に鍵をかけることは出来ず部屋内にトイレやお風呂はない簡易宿泊施設ですが、部屋自体は普通のビジネスホテルの部屋みたいになっています。2段式ではないので普通に立つことが出来ます。そして普通のベッドがあるので、非常に快適。一般的な狭苦しいカプセルホテルが苦手という人は、キャビンタイプのカプセルホテルを選ぶと良いです。

カプセルホテルは騒音対策必須!耳栓やイヤホンを持って行こう

カプセルルームの壁

カプセルホテルに泊まる時に一番やっかいなのが騒音。カプセルホテルの各部屋は仕切りカーテンがあるものの、完全に外からの音を遮断することは出来ません。普通に廊下を移動する人の足音や近くの人のいびきやテレビの音などが消こえてきます。特に周りにいびきがうるさい人がいるとなかなか眠れないなんてことも普通にあります。

そのためカプセルホテルへ宿泊する場合は騒音対策は必須。その対策として、カプセルホテルへは耳栓やイヤホンを持ち込むようにしましょう。耳栓を付けるか、音楽や睡眠用BGMをイヤホンで聞きながら周りのうるさい音をシャットアウトしましょう。

知っておきたい!カプセルホテルの基本ルール

カプセルホテルでの注意事項
  • カプセルフロアは全面禁煙(電子タバコも不可)
  • カプセルフロアへの飲食物の持ち込み禁止
  • 大きな声を出さない(テレビの音や話し声は出来る限り小さくする)
  • 携帯電話での通話禁止(基本的にマナーモードにしておく)
  • 荷物はロッカーへ入れておく(盗難にあっても自己責任)

カプセルホテルに宿泊する場合はいくつか守るべきルールがあります。上記で紹介しているのが、まさにそのルール。カプセルルームは全面禁煙なので、喫煙する場合は喫煙スペースを利用しましょう。また、部屋内へ飲食物を持ち込むことも出来ません。

特に一番注意しておきたいのが音。普通のビジネスホテルの部屋と違って、カプセルホテルの部屋の音は外に筒向けです。部屋内で通話をしたり、大きな音量でテレビを見たりすると周りの人の迷惑となるので、出来るだけ音は小さく抑えるようにしましょう。

カプセルホテルのアメニティはどのぐらい揃っている?

カプセルホテルのアメニティ

カプセルホテルのアメニティはどのぐらい揃っているのか。実は結構揃っています。普通にビジネスホテルにあるアメニティグッズは全て揃っていると考えて大丈夫です。脱衣所またはパウダールームに髭剃りやシェービングフォーム、歯ブラシといったアメニティがあります。もちろん大浴場やシャワールームにはシャンプーやリンス、ボディーソープもあります。

カプセルホテルのアメニティ

さらに、化粧水や乳液、香水、ワックスなんかも揃っています。当然ドライヤ―もあります。ビジネスホテルと違ってカプセルホテルだからこれは絶対に持って行かないと困るといったものは特にありません。ただし、カプセルホテルによっては十分なアメニティを揃えていないところもあるかもしれないので、事前に公式HPや予約サイトの口コミなどを見てチェックしておく必要はあります。

カプセルホテルは意外と快適!是非活用してみよう

カプセルホテル

カプセルホテルは部屋が狭いことを除けば、意外と快適です。ゆったりとお湯に浸かれる大浴場があったり、リラックスした時間を過ごせる休憩ルームがあったり、必要最低限のアメニティが揃っていたりと泊まってみると案外快適なところです。特に値段が安いのが大きな魅力なので、旅行や出張費用を安く抑えたい時などに是非一度活用してみましょう。

こちらの記事もオススメ