FOOD

ホルモン系おやつ「やみつきホルモン」がウマい!コンビニで買えるビールの最高のおつまみ

やみつきホルモン

SNSで美味しい、クセになると話題になっているホルモン系おやつ「やみつきホルモン」を買ってみました!販売当初は人気過ぎて入手困難になったほどの商品ですが、普通にセブンイレブンで買うことが出来ました。そして、その新作である「燃えつきホルモン」も買ってみたので、どんな味がするおやつなのか早速紹介していきたいと思います。

やみつきホルモンを買ってみた

やみつきホルモン

今回、セブンイレブンでアサヒグループ食品のホルモン系おやつ「やみつきホルモン」を買ってみました。SNSで‟美味しい”、‟やみつきになる”、‟近未来のおやつみたい”と話題になっていたので、どんな味がするのか試してみたくなり買ってみることにしました。ちなみにこちらの商品はコンビニ限定販売のお菓子で、スーパーやドラッグストア、ドンキなどでは売っていないみたいです。コンビニでも店舗により売っていないところもあり、僕はセブンを周り2店舗で見つけました。

もえつきホルモンのガツとハツ

やみつきホルモンの中には、豚胃である「ガツ」と豚心臓である「ハツ」の2種類のホルモンおやつが入っています。ホルモン風味のおやつではなくガチで本物のホルモンを使ったおつまみ系おやつになっています。メーカーによると、丁寧に素揚げしたホルモンに独自の旨塩ダレをからめた商品であり、ガツはコリコリとした食感、ハツはシコシコとした食感が特徴とのこと。

やみつきホルモンを早速、食べてみる!!

やみつきホルモンの封を開ける

では、早速やみつきホルモンを食べて行こうと思います。まずは、封を切って中を覗いてみました。中に入っているのは、何やら濃い茶色のものとクルミ色のもの。においを嗅いでみるとホルモンっぽいにおいがしてきます。

やみつきホルモンの中身を出す

中身をちょっと出してみると、こんな感じ。パッケージはピンクの豚ちゃんをキャラクターにポップで可愛い雰囲気ですが、中に入っていたのはガチの干し肉。色はハツの黒茶色とクルミの薄茶色の地味な感じ。パッケージは若い女性向けの可愛い感じですが、中身は完全にオヤジのおつまみみたいな感じ。

やみつきホルモンの中身全部

全部出してみるとこんな感じ。税込168円のお菓子としてみると、量は少ないと感じるかもしれませんが、ビールのあてとして買うホルモンおつまみとしてみると、妥当な量ではないでしょうか。ちなみに左側のクルミ色がガツ(豚胃)、右側の黒茶色がハツ(豚心臓)です。

やみつきホルモンのガツ

ガツは見た目はホルモンそのもの。ニオイもホルモン感が強め。

やみつきホルモンのガツを食べる

では、早速ガツを食べてみます!

ウマい!正直最初口に入れた時は全然味がしなくて、「なにこれ?」と思いましたが、噛み進めていくにつれてどんどんガツに浸み込んでいる旨塩タレがじゅわーっと染み出てきて美味しいです。食感も硬めで歯ごたえがあり、これは間違いなくビールに合うおやつです。見た目は非常に地味なおやつですが、本当にクセになる美味しさ。

やみつきホルモンのハツ

そして、こちらがハツ。ハツは見た目はビーフジャーキーそのもの。

やみつきホルモンのハツを食べる

早速、ハツを食べてみることに!

これも美味しい。味はかなりビーフジャーキーに近い。ビーフジャーキーに比べると少し柔らかめ。こちらもハツ同様に噛み進めるにつれて、旨塩ダレが口の中に広がっていく感じ。また、どこかほんのりとした甘みもあります。ガツとハツを食べてみて、僕はガツの方が好きです。ガツの方がより旨みが口の中にじゅわーっと広がる感じで、好きです。食感も柔らかいハツより固めで噛み応えのあるハツの方が好き。

やみつきホルモンとお酒

塩っ気のあるおやつなので、お酒とめちゃくちゃ合います。ガツとハツ一口食べてみて、たまらず冷蔵庫の中にあるトリスハイボールを出してきました。やみつきホルモンは、小腹が空いた時に食べるのも良いですが、僕は断然ビールやお酒のおつまみとして食べるのをオススメします。

ちなみに、味は結構好き嫌いが分かれる味っぽいです。僕は美味しく食べましたが、嫁は一口食べて「まずい」と言っていたので、好きな人にはたまらなく美味しくクセになる味だけど、嫌いな人には口にしたくもないぐらいまずい味っぽいです。

やみつきホルモンの新商品「燃えつきホルモン」も買ってみた

燃えつきホルモン

やみつきホルモンを探している時に偶然見つけたのが、「燃えつきホルモン」。こちらは2016年発売のやみつきホルモンの新作です。2019年に発売された新商品で、こちらもやみつきホルモン同様に人気があるみたいです。せっかくなので燃えつきホルモンも買ってみました。

売っていたのはセブンイレブンです。やみつきホルモンを探すためにセブンイレブンに行った時、1店舗目はやみつきホルモンはなく燃えつきホルモンのみあり、2店舗目はやみつきホルモンはあるものの、燃えつきホルモンはなかったです。なので、店舗によって置いているところもとないところが結構バラバラみたいです。

燃えつきホルモンのスパイシーガツとスモーキーハツ

燃えつきホルモンは、やみつきホルモンからどう新しくなったのか。使っているホルモンは豚胃(ガツ)と豚心臓(ハツ)であるのは同じで、フレーバーが違うみたいです。やみつきホルモンは旨塩ダレのフレーバーですが、燃えつきホルモンはガツのスパイシー、そしてハツはスモーキーのフレーバーとなっています。

早速、燃えつきホルモンも食べてみる!!

燃えつきホルモンの中身

早速、燃えつきホルモンの封を切ってみました。中に入っているのは、やみつきホルモン同様に2種類のホルモン系おやつ。ホルモンっぽいニオイがしたやみつきホルモンと違って、こちらはスパイシーな香りとスモークの良い香りがします。

燃えつきホルモンの中身を出す

中のホルモンを出してみるとこんな感じ。正直見た目は、やみつきホルモンよりも美味しそう!ガツが薄い茶色ではなくはっきりめのオレンジ色なので、食欲をそそる見た目になっています。

燃えつきホルモンの中身全部

全部出してみるとこんな感じ。やみつきホルモン同様内容量は1袋あたり17g。でも、やみつきホルモンよりも一つ一つのホルモンの大きさが大きくしっかりしているので、量は少なく見えます。

燃えつきホルモンのスパイシーガツ

では、早速スパイシーガツを食べてみることに!スパイシーガツは、見た目からスパイシーな感じが伝わってきて、かなり美味しそう。やみつきホルモンのガツよりも見た目はこっちの方が断然美味しそうです。

燃えつきホルモンのスパイシーガツを食べる

早速食べてみると、なかなか辛い!そしてウマい!

噛み始める割と早い段階で辛さがやってきます。そしてそのまま噛み進めると辛味とともに旨みも口の中に広がり美味しいです。やみつきホルモンのガツほど旨みがじゅわーっと広がる感はありませんが、これはこれで旨辛で美味しいです。旨辛なので、ビールが当然すすみます。

燃えつきホルモンのスモーキーハツ

そしてスモーキーハツ。

やみつきホルモンのスモーキーハツを食べる

スモーキーハツも美味しい。柔らかめで、噛み進めるほどに旨味が口の中に広がり、美味しい。ただ、やっぱりやみつきホルモンの時と同様、僕が好きなのはスモーキーハツよりもスパイシーガツです。ハツは柔らかめで食べやすいのですが、やっぱり固めで噛み応えのあるガツの方が僕は好きです。

個人的に、定番のやみつきホルモンが好き!

やみつきホルモン

今回、定番のやみつきホルモンとい新発売の燃えつきホルモンを食べてみましたが、個人的にはやみつきホルモンの方が好きです。燃えつきホルモンも美味しいのですが、やみつきホルモンの旨塩ダレのウマさにはかないません。

また、燃えつきホルモンはホルモン臭さがあまりなくおやつっぽい印象ですが、やみつきホルモンは良い意味でホルモン臭いおやつです。なので、ビールやお酒を飲む時のおつまみとしては、ホルモンを食べている感じがよりするやみつきホルモンが食べたくなります。

やみつきホルモンの詳細情報

やみつきホルモン
商品名やみつきホルモン
価格税込168円
内容量17g
カロリー64kcal
栄養成分1袋当たり エネルギー64kcal/たんぱく質8.7g/脂質3.0g/炭水化物0.61g(糖質0.42g/食物繊維0.19g)/食塩相当量0.73g
原材料豚胃,豚心臓,食用油脂,還元水飴,食塩,醸造酢,生姜ペースト,糖加工品,香辛料/グリセリン,調味料(アミノ酸等),リン酸塩(Na),酸化防止剤(V.C),発色剤(亜硝酸Na),香辛料抽出物
保存方法直射日光・高温多湿を避け、常温で保存
賞味期限約7カ月
販売者アサヒグループ食品株式会社

燃えつきホルモンの詳細情報

燃えつきホルモン
商品名燃えつきホルモン
価格税込168円
内容量17g
カロリー65kcal
栄養成分1袋当たり エネルギーkcal/たんぱく質9.0g/脂質2.9g/炭水化物0.78g/食塩相当量0.81g
原材料豚胃,豚心臓,食用油脂,還元水飴,食塩,香辛料,醸造酢,生姜ペースト,糖加工品/グリセリン,調味料(アミノ酸等),くん液(大豆由来),リン酸塩(Na),酸化防止剤(V.C),発色剤(亜硝酸Na),香辛料抽出物
保存方法直射日光・高温多湿を避け、常温で保存
賞味期限約5カ月
販売者アサヒグループ食品株式会社
こちらの記事もオススメ