RUN

スポーツようかん、普通の羊羹より美味いかも!?味はあずきとカカオの2種類

スポーツようかん

井村屋のスポーツようかん(SPORTS YO-KAN)が美味しいです。味もあずきとカカオの2種類あり、普通に美味しく食べられるマラソンやロードバイク、登山の補給食(行動食)です。おまけに、携帯性や食べやすさの点でも優れているので、運動しながらエネルギー補給するのに好都合です。

この記事では、僕がマラソン大会や日々のトレーニングでの補給食として重宝している「スポーツようかん」について詳しく紹介してみたいと思います。

スポーツようかんとは

井村屋のスポーツようかん

スポーツようかん(SPORTS YO-KAN)とは、あずきバーやあんまん、羊羹、きんつばで有名な井村屋が発売しているスポーツ用羊羹のことです。井村屋は小豆関連のスイーツをたくさん販売していますが、このスポーツようかんは、カラダにゆっくりと吸収される特徴を持つ“マルトデキストリン”や「パラチノース」を配合した持久系スポーツ用のようかんです。

通常の羊羹と違って、スティック状で携帯しやすく、両手を使わず片手だけで食べることが出来、栄養面では運動中に汗とともに失う塩分を補うことが出来るという特徴を持っています。美味しく、運動中に必要なエネルギーと失いがちな塩分を補給出来るので、マラソンランナーや登山愛好家に人気の行動食になっています。

スポーツようかんの特徴

特徴①1本当たり120kcal前後のエネルギー補給が出来る

スポーツようかんのカロリー

スポーツようかんは「あずき」が113kcal、「カカオ」が124kcal。1本食べるだけで120kcal前後(おにぎり1個の3分の2相当)を摂取することが出来ます。マラソンを含め持久系スポーツでは途中のエネルギー補給が重要となるため、このように手軽にカロリーを摂取できるおやつは便利です。

また、糖質を摂取できるだけではなく、食塩相当量0.14gの塩分も同時に摂取出来ます。運動中は汗とともに体内の塩分を失うので、塩分も同時に摂取できるというのは有難いところ。実際に食べた時に感じるほんのりとした塩っ気が運動中にぴったりです。

特徴②運動中も携帯しやすい

運動中にスポーツようかんを携帯する

少ない量でたくさんのカロリーを摂取できる高カロリーなおやつは他にもたくさんありますが、スポーツようかんは携帯性に優れているので運動中の持ち運びに便利です。1本1本個包装されているのはもちろん、スティック状でかさばらないので、パンツのポケットに入れたり、ポーチの中に入れたり、ザックの胸ポケットに入れても全く邪魔になりません。

あずきは40g、カカオは38gとどちらも軽いので、数本携帯しても大丈夫です。僕はフルマラソンとハーフマラソンで、パンツの腰ポケットに2本入れて走りましたが、邪魔になることなく快適に走ることが出来ました。

特徴③片手で食べられる

スポーツようかんのギュッと押し出すパッケージ

スポーツようかんは包装を開けるのがとても簡単です。一般的な羊羹だと両手を使って包装を開ける必要がありますが、スポーツようかんの場合は片手のみで中身のようかんを取り出すことが出来ます。これは、井村屋が「ギュッと押し出すだけパッケージ」という特許技術を使っているために出来ることです。

スポーツようかんのプッシュ場所

スポーツようかんの食べ方は簡単。スポーツようかんの真ん中にある「PUSH①」と書かれたところを片手で押すだけ。

スポーツようかんをギュッと押し出す

ここを押すことで、中で羊羹が上下二つに分かれて、上にある方の羊羹が封を押し破り飛び出てくる仕組みになっています。

スポーツようかんの中身が飛び出てくる

羊羹が高い温度で多少柔らかくなっていると、何度か押し上げるようにする必要がありますが、とても簡単に中身を取り出すことが出来ます。下の方にある羊羹は「PUSH②」を押すことで上に上がってくるので、さらに「PUSH①」を押すことで取り出すことが出来ます。

特徴④ベタつきにくい

スポーツようかんの端

行動食としての羊羹は色々ありますが、スポーツようかんは片手で食べることが出来るので、手が汚れることがありません。普通の羊羹は、両手を使って包装を開ける時に手が汚れてベタベタになったりしますが、このスポーツようかんはそういったことがありません。

また、食べ終わった後のゴミもドロドロのジェルタイプの補給食に比べるとベタ付きにくいです。そのため、そのままポケットに入れていてもあまり問題ありません。

特徴⑤余計なゴミが出ない

スポーツようかんの端

普通の羊羹やジェルの場合、中身を食べるために端のところを切る必要がありますが、スポーツようかんはその必要がありません。そのため、食べる時に切り取った切れ端のゴミが出ないのでゴミの処分に困ることがありません。全部食べ終わった後のゴミは包装1個だけなので、ランニング中や登山中のゴミの管理も楽です。

スポーツようかんは普通に美味しい!

ランニング中にスポーツようかんを食べる

スポーツようかんは、美味しいです。

普段のランニングシーンやマラソン大会でスポーツようかんをいくどとなく食べていますが、これは本当に美味しいのでハマります。普通のジェルも良いのですが、ジェルは単なるエネルギー補給のために食べる“補給食”にすぎませんが、このスポーツようかんはエネルギー補給が出来る“美味しいおやつ”です。

固形物なので、まずまずの食べ応えがあり、長い距離を走ってお腹を空いてしまった時にとても美味しく食べることが出来ます。ジェルよりはるかに満足感が高いです。

1回で全部食べるのは多いという場合は、2回に分けて食べることも出来ます。

スポーツようかんは、「あずき」「カカオ」の2種類

あずき

スポーツようかん あずき
カロリーたんぱく質脂質炭水化物
113kcal1.4g0.1g26.5g

スポーツようかんの定番は「あずき」です。北海道産の小豆を使用した井村屋こだわりの逸品で、普通に美味しい小豆ようかんです。普通の羊羹に比べるとやや甘さが控えめで、多少塩っ気を感じることが出来るかなといった感じです。

このあずきは、脂質が少なく効率よく糖質を補給出来るので、運動中のエネルギー補給に最適です。和菓子系やようかんが好きな人なら美味しく食べられるはずです。

カカオ

スポーツようかん カカオ
カロリーたんぱく質脂質炭水化物
124kcal1.6g3.3g21.9g

あずきに続き、新しく登場したのがカカオ。カカオは、かなりチョコ。あずきとチョコのコンビネーションが絶妙でかなり美味しいです。ようかんや和菓子が苦手という人でも美味しく食べられる味です。チョコ好きにはかなりオススメ。

栄養の面ではあずきよりも脂質が多いので、やや脂っこく感じるかもしれません。そのため、基本はあずきでたまにカカオといったレパートリーがオススメです。

スポーツようかんをフルマラソン・ハーフマラソンに持って行って良かった!!

スポーツようかんとランニングシューズ

僕が初めてスポーツようかんを使ってみたのが、初めてのハーフマラソンとフルマラソンの時です。何か補給食を持って行こうと思い、美味しいと評判だったスポーツようかんを持って行くことにしました。結果的には、凄く良かったです。

携帯性に優れているし、味は美味しいし、2回ぐらいに分けて食べることが出来るしで、l初めてのハーフマラソン、フルマラソンに持って行って本当に良かったです。

スポーツようかんはランニングだけじゃなく、登山・ロードバイク・トライアスロンにもオススメ

スポーツようかん

スポーツようかんはランニング・マラソンはもちろん、ロードバイクやトライアスロン、登山などにもオススメです。ジェルタイプの補給食よりも食べ応えがあり、美味しくカロリーを摂取することが出来るので、かなりオススメ。味はあずきとカカオと2種類から選べるので、好みの方を大会やトレーニングに持って行きましょう。

こちらの記事もオススメ