RUN

大豆バー「ソイジョイ」が美味しい!低糖質・高タンパクだからダイエット中のおやつにおすすめ

ソイジョイ

ダイエット中のおやつに大豆バー「ソイジョイ」がおすすめです。ソイジョイは、腹持ちが良く太りにくい食材として有名な大豆を使ったお菓子です。減量を頑張っている時に小腹が空いてしまった時の空腹をしのぐのに最適。

ヘルシーということで普段のおやつ(間食)の代わりとして人気が高いソイジョイですが、味も美味しいです。フレーバー豊富で、色んな味を楽しむことが出来ます。この記事では、ソイジョイの特徴や各フレーバーの味や栄養素などについて詳しく紹介していきます。

ソイジョイとは

ソイジョイとは

「SOYJOY(ソイジョイ)」とは、カロリーメイトでお馴染みの大塚製薬が発売する大豆を使った栄養食品です。お菓子に当たり前のように使われる小麦粉は一切使わず、大豆粉のみを使用。大豆粉の生地にブルーベリーやピーチといったフルーツ、ナッツなどを練り込み美味しく焼き上げています。

ソイジョイはヘルシーな大豆を使ったお菓子なので、ダイエット中や健康を気にしている人があります。また、保存料や着色料は使っていないので妊娠中の妊婦さん安心して食べることが出来ます。

ソイジョイの特徴

ソイジョイの特徴

①低GI食品(小麦粉不使用)

ソイジョイの大きな特徴は、低GI食品であること。高GI食品である小麦粉は使わず、低GI食品である大豆の粉を使っているので、普通のおやつよりも血糖値の上昇を緩やかにすることが出来ます。

②大豆約35粒分の栄養が詰まっている

ソイジョイは、1本あたり大豆約35粒分の栄養が詰まっています。ソイジョイを食べることで、アミノ酸スコア100%の良質なタンパク質と大豆イソフラボン、食物繊維を摂ることが出来ます。お肉ばかり食べて栄養が不足している時にも、心強い味方です。

③低糖質・高タンパク

ソイジョイは、通常のお菓子より糖質が少なめです。小腹が空いた時、甘いお菓子を食べたくなりますが、やっぱり糖質の多さが気になります。ソイジョイは糖質が少ないので、安心して食べることが出来ます。

さらに、良質なタンパク質を摂ることが出来る。タンパク質は私たちの体に欠かせない栄養素です。食事制限をしていたり、十分な食事が摂れていないとタンパク質が不足しがちなので、手軽にタンパク質を摂れるソイジョイはとても便利。

ソイジョイのオススメの食べ方

ソイジョイの食べ方

①ダイエット中にお腹が空いた時の空腹しのぎ

ソイジョイはダイエット中にオススメのおやつです。通常のおやつより糖質少な目なので、ダイエット中でも安心して食べることが出来ます。また、大豆タンパクは、腹持ちが良いので、1本食べるだけで空腹をしのぐことが出来ます。

②忙しい朝やお昼のご飯代わり

忙しい朝やお昼にじっくりと座ってご飯を食べる余裕がない時に、ご飯の代わりに食べるのもオススメです。ソイジョイは持ち運びしやすい個包装なので、カバンの中に入れておけばいつでもどこでも手軽に食べることが出来ます。

③運動後にタンパク質を補給するおやつ

運動後は疲労回復のためにも素早くタンパク質を補給したいところ。ソイジョイは1本あたり5~6g前後のタンパク質を摂取できるので、運動後のおやつとしてオススメです。ジムへ行くならカバンの中にソイジョイを入れておきましょう。

ソイジョイはフレーバー豊富、全11種類

ソイジョイの全11種類
  • フルーツ系
  • ナッツ系
  • クリスピー

ソイジョイはフレーバーが豊富です。フルーツ系、ナッツ系、クリスピーと3つのタイプがあり、合計11種類のフレーバーがあります。色んな味を楽しむことが出来るので、毎日だって食べることが出来ます。また、味も単なる栄養食品としてではなく、普通におやつとして美味しく仕上がっています。

もちろん人によっては「美味しい」「まずい」と感じる味もありますが、これだけたくさんのフレーバーがあれば、必ず何個かはお気に入りの味が見つかるはずです。

ソイジョイのフルーツ系種類

ソイジョイのフルーツ系4種類

ソイジョイの定番、フルーツ系は全4種類。「ストロベリー」「ブルーベリー」「3種のレーズン」「2種のアップル」。フルーツ系は生地がしっとり系で、しっとりとしたクッキーのような味わいで美味しいです。また、栄養的にはソイジョイの中で糖質が一番多い部類になります。

ストロベリー

ソイジョイ ストロベリー
カロリータンパク質脂質糖質大豆イソフラボン
133kcal4.3g7.3g10.7g14mg

「ソイジョイ ストロベリー」は、いちごとホワイトチョコを楽しむことが出来ます。苺の甘酸っぱさやホワイトチョコの甘さは感じられるものの、甘さは全体的に控えめになっています。優しい甘さなので、食べやすいです。

ブルーベリー

ソイジョイ ブルーベリー
カロリータンパク質脂質糖質大豆イソフラボン
135kcal4.4g7.6g10.7g14mg

「ソイジョイ ブルーベリー」は、ブルーベリーがたくさん入っているのが特徴。ブルーベリーを贅沢に感じることが出来、味は上品な味わい。ブルーベリー好きの人にかなりオススメ。

3種のレーズン

ソイジョイ 3種のレーズン
カロリータンパク質脂質糖質大豆イソフラボン
133kcal4.6g7.3g10.8g14mg

「ソイジョイ 3種のレーズン」は、3種類の異なるレーズンを使っています。しっとり生地の中にたくさんのレーズンが入っており、美味しいです。味としては、オールレーズンそっくりです。

2種のアップル

ソイジョイ 2種のアップル
カロリータンパク質脂質糖質大豆イソフラボン
134kcal4.8g7.1g11.1g16mg

「ソイジョイ アップル」は、青りんごと赤リンゴを使っています。しっとり生地の中にリンゴのシャリシャリ感や旨味を感じることが出来ます。

ソイジョイのナッツ系2種

ソイジョイのナッツ系2種類

ソイジョイのナッツ系は2種類。「アーモンド&チョコレート」「ピーナッツ」。ソイジョイシリーズの中で1本あたりのカロリーが多く、食べ応えがあります。1本食べるだけでも、かなり満足感があります。そして、タンパク質は多めです。

アーモンド&チョコレート

ソイジョイ アーモンド&チョコレート
カロリータンパク質脂質糖質大豆イソフラボン
146kcal5.4g9.9g7.1g14mg

「ソイジョイ アーモンド&チョコレート」は、ざくっとしたローストアーモンドと薫り高いアーモンドが特徴。甘さは見た目よりも控えなので安心してパクパク食べられます。そして、大きめなアーモンドとビターなチョコとの相性ば抜群です。

ピーナッツ

ソイジョイ ピーナッツ
カロリータンパク質脂質糖質大豆イソフラボン
144kcal6.5g9.5g6.7g15mg

「ソイジョイ ピーナッツ」は、ピーナッツの食感を楽しむことが出来ます。味は、ピーナッツバターそのもの。ごろッとしたピーナッツがたくさん入っていておいしいです。

ソイジョイのクリスピー5種類

ソイジョイのクリスピー5種類

ソイジョイで人気が高いシリーズ「クリスピー」。クリスピーは、「ピーチ」「バナナ」「ミックスベリー」「ホワイトマカダミア」「プレーン」の5種類。どれも、クリスピーのサクサクした食感が癖になる、美味しさ。また、完全にサクサクというよりは、少ししっとりとした生地の中にサクサク感があるという食感です。

ピーチ

ソイジョイ クリスピー ピーチ
カロリータンパク質脂質糖質大豆イソフラボン
119kcal6.2g7.3g6.9g18mg

「ソイジョイ クリスピーピーチ」は、ピーチそのもの。香りも味わいもピーチで、ピーチ好きにオススメ。果実感や甘みもしっかりあるので、甘いお菓子が食べたい時にも満足できる1本。

バナナ

ソイジョイ クリスピー バナナ
カロリータンパク質脂質糖質大豆イソフラボン
115kcal5.9g7.1g6.6g18mg

「ソイジョイ クリスピーバナナ」は、バナナの香りとまろやかな甘みを楽しむことが出来ます。しっとりとサクサク感両方の食感を楽しみつつ、バナナの控えめな甘さを味わうことが出来ます。

ミックスベリー

ソイジョイ クリスピー ミックスベリー
カロリータンパク質脂質糖質大豆イソフラボン
119kcal6g6.7g7.8g13mg

「ソイジョイ クリスピーミックスベリー」は、ベリーがゴロゴロ入っているのが特徴。香りは苺の香りが強く、味は甘酸っぱさがあり、甘さはやや控えめ。しっとりした生地の中のサクサク感が癖になる味です。

ホワイトマカダミア

ソイジョイ クリスピー ホワイトマカダミア
カロリータンパク質脂質糖質大豆イソフラボン
133kcal6.2g5.9g9.1g14mg

ソイジョイの中で一番糖質が少ないということで、女性に人気の「ソイジョイ クリスピーマカダミア」。味はホワイトチョコで、美味しいです。サクサク感も良い感じです。

プレーン

ソイジョイ クリスピー プレーン
カロリータンパク質脂質糖質大豆イソフラボン
123kcal6.4g7.3g7.1g14mg

「ソイジョイ プレーン」は一番サクサクとした食感を楽しむことが出来ます。そして、味はさっぱりとした味で、コーンフレークのような味。飽きることがなさそうです。

カロリーコントロール80

ソイジョイカロリーコントロール80
カロリータンパク質脂質糖質大豆イソフラボン
80kcal2.8g5.3g4.2g9mg

ソイジョイは、「カロリーコントロール80」という商品もあります。こちらは、アーモンド&チョコレートとストロベリー、ブルーベリーの3種のフレーバーで、それぞれ1本あたり80kcalに抑えているのが特徴です。

ダイエット中で1食あたりのカロリーをもう少し抑えたいという人にオススメ。

ソイジョイのフレーバーの選び方、オススメはコレ!!

美味しさ重視なら、「フルーツ系」がオススメ

ソイジョイのフルーツ系

ソイジョイで美味しさを重視するなら、定番の「フルーツ系」がオススメです。それぞれのフレーバーで果実がごろッとたくさん入っているので、美味しく食べることが出来ます。生地もしっとり系で、美味しいクッキー、ベイクドケーキのような味わいです。

ダイエット中なら、「ホワイトマカダミア」がオススメ

ソイジョイで人気のホワイトマカダミア

ダイエットのために、ソイジョイを朝食代わりやおやつ代わりに食べるなら、クリスピーシリーズのホワイトマカダミアがオススメです。ホワイトマカダミアは、ソイジョイシリーズの中で一番糖質が少ないので、ダイエット中の人にオススメ。

運動後なら、「ピーナッツ」がオススメ

タンパク質量が多いピーナッツ

運動後にプロテインバーの代わりに食べるなら、ピーナッツがオススメ。ソイジョイのピーナッツは一番タンパク質が多いです。運動後はタンパク質を素早く補給することが早期の疲労回復に繋がるので、タンパク質量の多いピーナッツを食べましょう。

また、ピーナッツ以外ではクリスピーシリーズもタンパク質が多めなのでオススメです。

ソイジョイ、美味しいから試してみて

ソイジョイ、オススメ

ソイジョイの全11種類を食べてみましたが、美味しかったです。栄養食品としては、かなり美味しい部類に入ります。ソイジョイはコンビニやスーパーと色んなところで手軽に買うことが出来るので、是非試してみてください。フレーバーが豊富なので、きっとお気に入りの味も見つかるはずです。

こちらの記事もオススメ