RUN

タビオのランニング用靴下「レーシングラン5本指」を使ってみたら、凄く良かった!

タビオのランニング用靴下「レーシングラン」

初めてのマラソン大会(ハーフマラソン・フルマラソン)へ挑戦するのを機にタビオのランニング・マラソン専用靴下「レーシングラン5本指」を使ってみました。ランナーの支持率NO.1という売り文句に魅かれ、タビオのスポーツ靴下を選んだわけですが、結果的には選んで大正解でした。

2017年のハーフマラソン、2018年のフルマラソンで着用して以来、ランニングソックスはずっとタビオのレーシングラン5本指を愛用しています。そのぐらい気に入った靴下です。そんなお気に入りの靴下「レーシングランシリーズ」について紹介してみたいと思います。

レーシングランとは

タビオのレーシングラン

レーシングランは、靴下屋で有名な靴下専門企業“タビオ(Tabio)”が開発したランニング専用靴下です。

靴下作りで定評のあるタビオが開発したソックスとあって、その履き心地の良さやメイドインジャパンの品質の良さが受け、発売開始から現在に至るまでランナーから絶大な人気を誇るランニング定番の靴下になっています。

そして、機能性や履き心地だけではなく、カラー展開も豊富でグッドデザイン賞を受賞したほどの見た目の良さで、男性だけではなく女性からの評判もかなり良いみたいです。

レーシングランの特徴

①普通の5本指靴下より快適な履き心地

レーシングランの指先

レーシングランの大きな特徴は“履き心地の良さ”です。

普通の5本指靴下を履くと指先へのストレスを感じることがありますが、タビオの5本指靴下の指先は足の指先にフィットするように立体製法で作られています。そのため、指先へのストレスが少なく初めて5本指靴下を履いた場合でも快適に履くことが出来ます。

僕はタビオの靴下が初めてのランニング用5本指靴下でしたが、履き心地の良さにびっくりしました。もちろん最初は多少違和感はあったものの、2回目履く時、そして3回目履く時にはかなり快適に履けるようになりました。

②通気性があるからムレにくい

レーシングランのメッシュ素材

レーシングランは“ムレにくい”です。

足の甲にメッシュ素材を使っているので、ある程度の通気性を確保しています。長時間走ると靴の中と靴下の中が蒸れてしまいがちですが、レーシングランは通気性があるので靴下の中がムレにくいです。

あと、臭い対策としてタビオオリジナル機能糸を使っているみたいで、長時間着用した後も靴下の臭いがほぼ気になりません。ハーフマラソンやフルマラソンを走り終わった後も、靴下は割と清潔な感じがしました。

③アーチサポート機能のおかげで疲れにくい

レーシングランのアーチサポート

レーシングランは、“疲れにくい”です。

足の土踏まずにあたる部分にアーチサポート機能があります。ここの生地はそのほかの生地と違って編み方が違うのか、伸縮性があまりなく硬いです。この部分が長時間のランニングで落ちてくる土踏まずのアーチを押し上げてくれるみたいです。

④足裏に滑り止めがあるから走りやすい

レーシングランの滑り止め

レーシングランは、滑り止め有りで走りやすいです。

足の裏の指先、足の付け根付近、そしてかかとの3カ所に滑り止めがあるので、走っている時に足が靴の中で滑ってしまうことが無いので、とても走りやすいです。滑り止め無しの靴下だと、靴の中で足が滑って踏ん張りが全く効かないので、この滑り止め機能はかなり有難いです。

⑤お洒落な見た目

レーシングランの見た目

タビオのレーシングランは“お洒落”です。

レーシングランはグッドデザイン賞を受賞したぐらい、お洒落な見た目の靴下。足の裏を見ても他社の靴下よりもスタイリッシュであることが良く分かります。さらに、カラー展開が豊富なので、自分好みのカラーをすぐに見つけることが出来ます。

タビオのレーシングランはカラー豊富で新しいものに買い替える時も選ぶのが楽しいです。

レーシングランは大きく3種類、その違いは??

レーシングランレーシングランプロレーシングランエアー
レーシングランレーシングランプロレーシングランエアー
レベル初心者中上級者中上級者
マラソンハーフ:〇
フル:〇
ハーフ:〇
フル:〇
ハーフ:〇
フル:△
生地厚
耐久性
サポート力
軽さ

タビオのレーシングランシリーズは、「レーシングラン」「レーシングランプロ」「レーシングランエアー」の3種類あります。本当はもっと種類はありますが、代表的なものはこの3つです。

この3種類を比較すると大きな違いは「生地の厚さ」「耐久性」「サポート力」「軽さ」です。

①レーシングラン

タビオのレーシングランシリーズの定番「レーシングラン」。

程よい生地の厚みがあるので、足への負担を軽減でき、耐久性も高く長く使えるので、ランニング・マラソン初心者にオススメ。とりあえず初めてのレーシングラン選びでは、このスタンダードモデルを選んでおけば問題ありません。

②レーシングラン・プロ

レーシングランの上位モデル、「レーシングランプロ」。

レーシングランプロは、スタンダードモデルよりも軽く、土踏まずのサポート力は強くなっています。そのため、より速いペースで走る中上級者向けのモデルです。

③レーシングラン・エアー

軽量性を重視した、「レーシングランエアー」。

レーシングランシリーズで一番生地が薄く、重量が軽いソックスです。こちらもプロ同様に中上級者向けのモデルです。エアーはプロよりもよりサポート力に特化し、その他の余計なものは削ぎ落としたものなので、フルマラソンよりも短いハーフマラソンまでの使用にオススメ。

レーシングランのサイズの選び方

レーシングランのサイズ感

レーシングランを買う時は、サイズ選びでも迷うと思います。

レーシングランのサイズは、「21.0-23.0cm」「23.0-25.0cm」「25.0-27.0cm」「27.0-29.0cm」の4サイズです。

基本的にはランニングシューズと同じサイズで大丈夫です。僕はランニングシューズは、28.0cmを履いているので「27.0-29.0cm」を選んでいます。丁度良いサイズ感です。

また、ランニングシューズのサイズが27.0cmの場合は「25.0-27.0cm」「27.0-29.0cm」で迷うと思いますが、小さいほう「25.0-27.0cm」がオススメです。大きい方を選ぶとややフィット感がなくなってしまうと思うので、迷ったら小さいほうを選んだ方が良いと思います。

初めてのハーフ・フルマラソンにレーシングランを着用した結果、凄く良かった

鳥取マラソン

初めてタビオの「レーシングラン5本指」を買ったのは初めてのハーフマラソンである”小野ハーフマラソン2017”の前です。初めてのマラソン大会を前にちゃんとしたランニング専用の靴下を買おうと、ランナーに人気があるタビオの靴下を選びました。

そして、小野ハーフマラソン2017(初ハーフマラソン)、鳥取マラソン2018(初フルマラソン)でレーシングラン5本指を使って走ったわけですが、かなり走りやすかったです。初のハーフマラソンでは予想以上のタイム(1時間50分切り)で走ることが出来ました。

レーシングラン5本指は地面をしっかり捉えることが出来るし、地面からの反発もそのまま次の一歩へと活かすことが出来る、そしてアーチサポートのおかげで後半も頑張れた。初めての長距離(ハーフ・フル)でしたが、足のトラブルにも見舞われることなく、走り切ることが出来、タビオのレーシングラン5本指にはかなり満足しました。

初めてのマラソン用靴下に、レーシングランはオススメ

レーシングランとランニングシューズ

普段のランニングは、安売りのスポーツソックスを使っているという人も初めてのマラソン大会へ参加となると、本格的なランニングソックスを買ってみようと検討してみることも多くなると思います。そんな時、タビオのレーシングラン5本指はかなりオススメです。初めてのハーフマラソン、フルマラソン完走のために必要な機能は全て揃えているので、大会当日きっと良い走りが出来るはずです。そして、デザインの良さにきっとテンションが上がるはずです。

こちらの記事もオススメ