RUN

初心者が本当に選ぶべきはコレ!ランニング・マラソンシューズのおすすめ10選

初心者におすすめのランニングシューズ

ランニングをする時に重要となるのがランニングシューズ選び。初心者の場合は、選ぶ靴で怪我を予防出来たり、走りやすくなったりするので、どんなシューズを選ぶかはとても重要になってきます。間違ってランニング中級者や上級者が履くような靴を選んでしまうと足を痛めたり、上手く走れなかったりするので要注意です。

この記事では、ランニング・マラソン初心者に本当にオススメ出来るシューズのみを厳選しています。アシックス、アディダス、ナイキといったスポーツメーカーから特に初心者ランナーに人気があるシューズをピックアップしているので、是非参考にしてみてください。

目次

ランニングを始めるならランニング専用シューズは必須

ランニングシューズ

ランニングを始めるなら、走る専用の靴“ランニングシューズ”は必須です。間違っても普段履いているようなスニーカーで走るのはNGです。スニーカーは、靴底が薄くクッションがあまりないので、その靴を履いて走るとかなりの確率で足を痛めてしまいます。さらに、通気性やフィット感等の問題で足にマメが出来る、靴擦れが起きるといった問題も出てくるでしょう。

ランニングシューズは走ることに特化した靴なので、靴底には着地時の衝撃を吸収してくれる優れたクッションを搭載しています。そのため、足への負担が少なく、長い距離でも快適に走ることが出来ます。さらに、通気性も良く、足へのフィット感も良いので、マメや靴擦れなどのトラブルも予防しつつ、快適な履き心地を得ることが出来ます。

アシックス ゲルカヤノ26
アシックス「GEL-KAYANO 26(ゲルカヤノ26)」のレビュー!クッション性最強で走り心地も最高アシックスの人気NO.1の最強ランニングシューズと言えば、GEL-KAYANO(ゲルカヤノ)。膝に優しいクッション性と怪我予防に効果を発...

マラソンを走るならより機能性の高いフルマラソン対応シューズを選ぼう

マラソンシューズ
  • 定価1万円未満→5km未満のジョギングやウォーキング、ジムトレ用
  • 定価1万円以上→ハーフマラソン・フルマラソン対応

マラソン大会へ出るなら、より機能性の高いランニングシューズ(マラソンシューズ)を選ぶのがオススメです。ハーフマラソンやフルマラソンに対応する高機能シューズは、定価1万円を超える高い靴がほとんどですが、その分だけ足に優しく走りやすい靴になっています。ハーフマラソン、フルマラソン完走の一番の障害は、走っている最中に足を痛めてしまうこと。無事完走するためにも、マラソンシューズは出来るだけ機能性の高いシューズを選んでおくのがベストです。

一方、マラソン大会へ出るのはまだまだ先のこと、ウォーキングや5km未満のジョグ、ジムでのトレーニングなどに使うランニングシューズを探しているなら、定価1万円未満の安いシューズで十分です。

初心者がランニング・マラソンシューズを選ぶ時の4つの重要チェックポイント

足を着地時の衝撃から守る「クッション性」

厚底シューズ
  • 厚底→クッション強い(初心者向け)
  • 薄底→クッション弱い(上級者向け)

初心者がランニングシューズを選ぶ時に一番重視したいのが、クッション性です。クッション性とは、着地時に足にかかる衝撃をいかに抑えることが出来るかという機能。ランニングに慣れている場合は足の筋力で着地時の衝撃を吸収することが出来ますが、初心者の場合はそれだけの筋力はありません。そのため、怪我予防のためにクッション性の良い靴を選ぶことが重要となります。

シューズのクッション性は靴底の厚さをチェックすることである程度分かります。当然、靴底が厚いものほどクッション性が高く、靴底が薄いものほどクッション性が低くなっています。

足のブレを抑える「安定性」

安定感のあるシューズ

マラソンを走るなら、安定性も重視しておきたいところ。ランニング初心者の場合、着地が安定せずに足首がぶれたりして怪我につながることがあります。そのため、着地を安定し、着地から地面の蹴り出しまでの一連の流れをスムーズにしてくれるシューズの安定性は凄く重要になってきます。

シューズの安定性は、かかとのヒールカウンター、靴底のS字のようなライン(ガイダンスライン)、シューズ内側の硬い素材(足首の過度な内側への倒れ込みを抑制するパーツ)などの機能を有しているかどうかで判断することが出来ます。

次の一歩を踏み出しやすくする「反発性」

反発性のあるシューズ

ある程度、反発性を備えている靴は走りやすいです。反発性とは、着地時に地面から来る衝撃をそのまま推進力へと変える機能のことです。地面に着地して、地面から靴が反発することで、次の一方がよりスムーズに出ることになります。その結果、スイスイと走れる感覚を得ることが出来るし、スピードも出やすくなります。

ただし、「反発力が高い=靴底は硬め」なので、スピードは出せる反面、足への負担はある程度大きくなってしまいます。上級者向けのシューズだと反発性を重視したものが多いですが、初心者には反発性重視のシューズは怪我につながるのでNGです。初心者用だと反発性はほどほどがベストです。

走りやすい「軽量性」

軽いランニングシューズ

軽さも走りやすさにつながります。重い靴よりも軽い靴の方が走りやすいのは間違いありません。特に長い距離を走れば走るほど、重い靴で走るのはつらくなってきます。そのため、ランニング・マラソンシューズは300g前後がベスト。

また、200~250gのような軽すぎるシューズはNGです。軽いシューズはその分だけ、いろいろな機能を削っています。特に衝撃緩衝材をゴッソリと削っているので、クッション性はほとんどありません。軽量シューズは基本的に上級者向けなので、初心者の場合はほどほどの重量(280~320g)のシューズを選ぶのがオススメ。

ランニングシューズのサイズの選び方

足長

足長を測る

ランニングシューズのサイズを選ぶ時は、足長(〇〇cm)と足幅(2Eや3E等)を選ぶ必要があります。

足長は、足裏の縦の一番長いところのサイズ。通常の靴(スニーカー)を選ぶ時は、ジャストサイズの靴を選ぶことが多いですが、ランニングシューズの場合は実寸の+1.0cmぐらいを選んでおくのがオススメです。ジャストサイズだとつま先にゆとりが無いので、走る度につま先がシューズにあたり痛いです。そのためつま先に1cmぐらいのゆとりのある靴を選ぶことが重要です。

足幅

足幅を測る
  • 標準→2E
  • スリム→E(D)
  • ワイド→3E

普通のスニーカーを選ぶ時は、靴の足幅(ワイド)を気にすることはほとんどありませんが、ランニングシューズの場合はそこもしっかりチェックしておきましょう。標準の足幅は通常は2EでスリムタイプだとE(D)、ワイドタイプだと3E(4E)となっています。

アシックス、ミズノといった国内ブランドの場合は平均的な日本人の足に合うよう標準は2Eになっていますが、ナイキやアディダスといった海外ブランドの場合は足幅細目の海外の人に合うよう標準がE(D)となっているので、平均的な足幅の人からすると少し窮屈に感じる場合があります。

自分の足に合う正確な足幅を知りたい場合は、足の親指の付け根から小指の付け根までをぐるっと1周の長さ(足囲)を測ります。そして、下記の表で足長と足囲を照らし合わせ、自分の足に合うサイズを確認します。例えば、男性で足長26.5cmで足囲26cm(260mm)だった場合は2Eです。

メンズ

サイズDE2E3E
25.0cm237mm243mm249mm255mm
25.5cm240mm246mm252mm258mm
26.0cm243mm249mm255mm261mm
26.5cm246mm252mm258mm264mm
27.0cm249mm255mm261mm267mm
27.5cm252mm258mm264mm270mm
28.0cm255mm261mm267mm273mm
28.5cm258mm264mm270mm276mm
29.0cm261mm267mm273mm279mm

レディース

サイズCDE2E
22.0cm210mm216mm222mm228mm
22.5cm213mm219mm225mm231mm
23.0cm216mm222mm228mm234mm
23.5cm219mm225mm231mm237mm
24.0cm222mm228mm234mm240mm
24.5cm225mm231mm237mm243mm
25.0cm228mm234mm240mm246mm

ココを選んでおけば間違いない!初心者にオススメの人気メーカー

ランニングシューズメーカー
  • アシックス(国内)
  • ミズノ(国内)
  • ニューバランス(海外)
  • ナイキ(海外)
  • アディダス(海外)
  • ブルックス(海外)

ランニングシューズは、メーカー選びで迷うことも多いですが、取りあえずアシックス、ミズノ、ニューバランス、ナイキ、アディダス、ブルックスあたりの人気ブランドを選んでおけば間違いありません。これらのメーカーはランナーに人気があるブランドで、機能性の高いシューズを多く発売しているので、オススメです。

また、特にランニング・マラソン初心者にオススメしたいのは、アシックス、ミズノ。この2つは初心者に特化した高機能シューズが充実しています。また、国内ブランドということで、日本人の足に合うような作りになっているのでどんな人でも安心して履くことが出来ます。

コスパ最強!安いランニングシューズのおすすめ

ジョギング初心者に最適!「アシックス JOLT」

JOLT2
  • クッション性:★★★☆☆
  • 安定性:★★☆☆☆
  • 反発性:★★☆☆☆
  • 軽量性:★★★★☆

Amazonで人気NO.1のランニングシューズ。大手メーカーアシックスのランニングシューズが5,000円未満で買えるということで、大人気。柔らかいクッションと耐久性のあるソールラバー、快適な通気性と履き心地。ジョギング、ジムトレをするのに十分な機能を備えたモデル。コスパは最強なので、これからジョギング・ランニングを始める人にぴったりです。

普段履きも出来る「アディダス Galaxy」

アディダス ギャラクシー
  • クッション性:★★★☆☆
  • 安定性:★★☆☆☆
  • 反発性:★★★☆☆
  • 軽量性:★★★☆☆

安く買えるランニングシューズでは、アディダスのギャラクシーも人気です。アディダスのギャラクシーは、普段履きも出来るお洒落な見た目が特長。洗練されたデザインで、通勤・通学用にもオススメです。また、デザイン性だけではなく、柔らかなクッション性と通気性、耐久性と機能性もしっかり備えた靴になっています。

高機能!フルマラソン対応ランニングシューズのおすすめ

人気NO.1ブランド“アシックス”の最強シューズ「GEL-KAYANO」

ゲルカヤノ
  • クッション性:★★★★★
  • 安定性:★★★★★
  • 反発性:★★★☆☆
  • 軽量性:★★★☆☆

ランニング・マラソンシューズと言えば、アシックス。ランナーから人気があるアシックスシューズの中で特に機能性が高く、初心者ランナーから高い支持を集めているのが「ゲルカヤノ」。ゲルカヤノは高いレベルのクッション性と安定性を備えたシューズで、初心者向けシューズとしては最強レベル。そのほかにも履き心地の良さ、耐久性の高さを誇るシューズです。ランニング・マラソン用シューズで迷ったら、取りあえずゲルカヤノを選んでおけば間違いありません。そのぐらいオススメ度NO.1のシューズです。

アシックスのクッション性最強シューズ「GEL-NIMBUS」

ゲルニンバス
  • クッション性:★★★★★★
  • 安定性:★★★☆☆
  • 反発性:★★★☆☆
  • 軽量性:★★☆☆☆

アシックスのクッション性に特化したシューズ「ゲルニンバス」。ゲルニンバスはアシックスの衝撃緩衝材であるGELをシューズの広範囲に採用したシューズで、とにかくクッション性が高いのが特長。衝撃緩衝材を多く使っている分、シューズの重量は重いものの、足を衝撃からしっかりと守ってくれるので、膝に不安を抱えているという人にオススメ。

アシックスのバランス型シューズ「GT-2000」

GT-2000
  • クッション性:★★★★☆
  • 安定性:★★★★☆
  • 反発性:★★★☆☆
  • 軽量性:★★★★☆

アシックスのバランスに優れた人気シューズ「GT-2000」。GT-2000はゲルカヤノ同様にアシックスを代表する人気シューズです。その特徴は、クッション性と安定性、反発性、軽量性と4つの機能性がバランス良く備わっていること。ゲルカヤノに比べると軽量性に優れているので、フルマラソン完走だけではなくサブ4レベルまでは十分使える靴です。

ミズノ定番の人気NO.1マラソンシューズ「WAVERIDER」

ウエーブライダー
  • クッション性:★★★★★
  • 安定性:★★★★★
  • 反発性:★★★☆☆
  • 軽量性:★★★★☆

国内ブランドミズノの人気NO.1ランニング・マラソンシューズ「ウエーブライダー」。ウエーブライダーは、ミズノ独自のミズノウエーブという波状のプレートを使っているのが特長。このミズノウエーブが高いレベルでのクッション性と安定性を発揮してくれる構造になっています。また、アシックスの初心者向けシューズに比べると軽量性に優れているという特徴もあるので、初心者向けで軽めのシューズが欲しいという人にオススメです。

ニューバランスの初心者向け長距離シューズ「HANZO U」

HANZO U
  • クッション性:★★★★☆
  • 安定性:★★★★☆
  • 反発性:★★★★☆
  • 軽量性:★★★★☆

ニューバランスの初心者向けシューズで人気が高い「HANZO U」。ハンゾーUは、日本人向けに作られたモデルというのが大きな特徴です。日本人の足に合うように作られているので、アシックスやミズノ同様に平均的な日本人の足にピッタリ合います。また、軽量性と反発性に優れたミッドソールREVLITEを使っているので、初心者用ですがほどよく軽さと反発を感じることが出来ます。

ナイキのカッコイイ長距離シューズ「AIR ZOOOM STRUCTURE」

エアズームストラクチャー
  • クッション性:★★★★☆
  • 安定性:★★★★★
  • 反発性:★★★★☆
  • 軽量性:★★★☆☆

ナイキの人気シューズ「ズームストラクチャー」。ズームストラクチャーは、ランニング・マラソン初心者の中でもスピード感を感じながら走りたいという人にオススメのシューズです。初心者に嬉しい安定感とともにスピードも備えたシューズになっているので、疾走感を楽しむことが出来ます。初心者シューズの中ではかなり反発性は強いので、それなりにスピードも出しやすいという人にオススメ。

アディダスのお洒落長距離シューズ「ULTRABOOST 」

アディダス UltraBoost
  • クッション性:★★★★☆
  • 安定性:★★★☆☆
  • 反発性:★★★★☆
  • 軽量性:★★★★☆

お洒落シューズとしても人気が高いランニングシューズ「ウルトラブースト」。アディダスのウルトラブーストは長距離用シューズとして誕生したのですが、今では普段履き用シューズとしてもかなり人気があります。お洒落でスマートな見た目なので、普段履きとしても使える長距離用シューズが欲しいという人にぴったり。また、反発性も強いので、スピード感ある走りを楽しむことが出来ます。

アメリカNO.1ブランドブルックスの最強シューズ「GHOST」

ゴースト
  • クッション性:★★★★☆
  • 安定性:★★★☆☆
  • 反発性:★★★★☆
  • 軽量性:★★★★☆

全米NO.1ランニング・マラソンシューズブランドである、ブルックス。そんなブルックスの中で人気があるのがゴーストです。ゴーストは、クッション性と反発性、軽量性に優れたシューズ。ブルックス独自のブルックスDNAを搭載することで、足の保護とスピードの両立を可能としています。現在、ブルックスは国内ではまだまだ認知度は高くないため、他の人とは違ったシューズを履きたいという人にとてもオススメ。

初心者は絶対に履くべきではない、初心者NGシューズの代表例

  • アシックス ターサージール
  • ミズノ ウエーブエンペラー
  • ナイキ エアズームペガサス
  • ナイキ ズームフライ
  • アディダス アディゼロ タクミ
  • ニューバランス HANZO V2

ランニングシューズは色々とあるため、初心者の場合はどれを買うべきか悩みます。そんな時に絶対に買ってはいけないシューズがあります。それは、軽量性や反発性を重視した上級者向けシューズです。上記のシューズはどれも良いシューズで人気があるものですが、初心者には向いていないので買うのは辞めておきましょう。

自分に合ったランニング・マラソンシューズを見つけよう!

ランニングシューズ

ランニング・マラソンシューズはアシックス、ミズノ、ナイキ、アディダスといった多くのメーカーからたくさんの種類が発売されています。シューズは人によって合う合わないがあるので、いくつかシューズを試してみて自分に一番しっくりとくるシューズを見つけてみましょう。

こちらの記事もオススメ