RUN

ナイキのランニンググローブがカッコいい!冬のトレーニングの防寒にオススメ

ナイキのランニング手袋

ナイキのランニング手袋「DRY LIGHTWEIGHT GLOVES(ドライライトウエイトグローブ)」を買ってみました。これがめちゃくちゃカッコイイです。そして、裏起毛で暖かく、スマホ操作にも対応し、再帰反射機能も備えているので、とても使い勝手が良いです。冬のトレーニング用にとてもオススメです。

ナイキ手袋「DRY LIGHTWEIGHT GLOVES」を買った

ナイキランニングブローグ

今回買ったのは、NIKE RUNNING(ナイキランニング)シリーズから発売されているランニング用手袋‟DRY LIGHTWEIGHT GLOVES(ドライライトウェイトグローブ)”です。ナイキの手袋の中で、薄手ながら保温性が高くランニングシーンに一番ぴったりだと思ったのでこのモデル(RN1034)を選びました。

この度ランニング用手袋を買ったのは、冬場のランニング時の手の防寒対策のためです。冷たい風が吹く冬場、走り始めるとすぐに手がかじかんでしまい走ることに集中できなくなるので、手袋を買うことにしました。

NIKE DRY LIGHTWEIGHT GLOVES、かなりカッコいい

ナイキのカッコイイランニンググローブ

アシックスやアディダス、アンダーアーマー、ミズノといった色々なスポーツメーカーからトレーニング用手袋が多く発売されている中、ナイキの手袋を選んだ理由は見た目のカッコよさです。このナイキの手袋はシンプルでありながらお洒落でカッコ良いのも魅力的。実際に、Amazonで注文した商品が自宅に届き、手に取ってみると商品紹介の写真で見るよりもはるかにカッコイイです。

ナイキ手袋の見た目

手袋を手に着用した表側(手の甲側)。表側はナイキのスウッシュロゴマークが入っただけのシンプルなデザイン。ブラックカラーに白のスウッシュマークが映えてかなりカッコいいです。この見た目の良さにはかなり満足しています。

ナイキ手袋の見た目②

そして手袋の裏側(手のひら側)。手のひら側はロゴマークやその他の文字プリントもなく、シンプルなデザイン。親指と人差し指にスマホ対応のプリントが施されているだけ。また、指の側面はメッシュ素材になっており、そこだけ色はグレーよりの黒。このメッシュ素材も良い感じのアクセントになっていてカッコイイです。

ランニングウォッチと手袋を装着

もちろんランニングウォッチを腕につけた状態で手袋を着用することも可能です。手袋は手首まで覆うタイプなので、時計をつける時は普段より時計を肘よりにつけるか、手袋の手首の部分を少しまくるようにすることで問題無く心拍数も図ることが出来ます。

NIKE DRY LIGHTWEIGHT GLOVESのサイズ感

ナイキブローグのサイズ感

ナイキのライトウエイトグローブのサイズは、M、Lの2サイズ。今回僕はLサイズを選びました。僕の手の大きさは、指先から手のくるぶしまで19.5cm。身長が高い(183cm)ということで手も標準より大きめぐらい。Mでサイズが小さかった嫌だったので、Lを選びました。結果的にはLで問題ありませんでした。

ナイキ手袋のLサイズ

ただし、Lだと少し指先にほんの少し余りが出ます。なので、標準的な手の大きさの人、手袋をジャストフィットで着用したいといった場合はMサイズを選んでおくのがオススメ。特に手袋を装着してスマホを頻繁に操作するような場合はジャストフィットで着用出来るサイズを選んでおいた方がよさそうです。

NIKE DRY LIGHTWEIGHT GLOVESの特徴

①DRI-FITテクノロジー採用で速乾性に優れている

速乾性の良いランニンググローブ

ナイキのランニンググローブの特徴は、速乾性に優れていること。ナイキのDRI-FITテクノロジーを採用しているので、汗をかいても快適です。洗濯してもすぐに乾きます。

②裏起毛だから薄手なのに暖かい

裏起毛の手袋

ナイキのライトウエイトグローブは走る時に邪魔にならない薄手で軽量な手袋。それでも、手袋の肌面に裏起毛を採用しているので、手を通すだけで確かな暖かさを感じることが出来ます。春夏向けの通気性重視の手袋だと寒いのですが、これはとても暖かいです。真冬でも問題なく使えます。

③通気性を備えているので手が暑くなり過ぎない

通気性を確保した手袋

単に保温性を高めただけの手袋だと、ランニング中に手袋の中が蒸れてしまいます。このナイキのランニンググローブは、ある程度の通気性も確保しています。指の側面に通気孔を設けたメッシュ素材を使っているので、暖かいながらも手袋の中が蒸れにくいように配慮されています。長時間走るような場合でもずっと着用していられます。

④手袋をつけたままスマホ操作可能

スマホ対応の手袋

手袋の親指と人差し指に特殊素材を使っているので、手袋を着用したままでのスマホ操作にも対応しています。

手袋を装着したままスマホを操作する

実際に手袋を着用したまま片手のみでスマホを操作することが出来ました。ただし、厚手の画面保護シールを貼っているような場合はやや反応が良くないので要注意です。

⑤ナイキロゴがリフレクターだから夜ランも安心

手袋のリフレクターロゴ

ナイキのロゴマークがリフレクター(再帰反射)になっています。夜外で走る時に外灯の明かりや車のヘッドライトの光などに反射するので、良く目立ち安心です。

ナイキ手袋を装着して寒い外を走ってみた感想

ナイキ手袋とランニングシューズ

ナイキのランニング手袋を着用して、実際に寒い外を10km走ってみました。はっきり言って保温性は完璧です。厚手の手袋のようにめちゃくちゃ温かいというわけではありませんが、走る時に装着する手袋として丁度良い温かさです。

生地も薄く軽いので手に装着しているわずらわしさも感じることなく快適に走ることが出来ました。また、約1時間近く手袋をつけっぱなしで走りましたが、手袋の中が暑くなりすぎることもありませんでした。秋冬のフルマラソンでも問題なく着用出来そうです。

冬のトレーニングの防寒対策に、ナイキのランニンググローブはオススメ

オススメのランニンググローブ

冬のトレーニングにナイキのランニング手袋は非常にオススメです。裏起毛で保温性に優れているので手を温かくして走ることが出来ます。温かいながらも薄手で軽量で通気性も備えているので、長時間走る時でも快適です。デザインもカッコ良いので、非常にオススメの手袋です。

こちらの記事もオススメ