RUN

ガーミンGPSランニングウォッチ「ForeAthleteシリーズ」を徹底比較、今選ぶべきオススメはコレ!!

ガーミンGPSランニングウォッチの比較

GPSランニングウォッチは、ガーミンのForeAthleteシリーズがオススメ。ガーミン製時計はGPS精度が高くより正確にランニングの距離を計測することが可能。そして、ランニングパフォーマンスの向上に役立つ機能がたくさん詰まっているので、本格的に走るならガーミンGPSウォッチを持っておくのがベストです。

ただ、ガーミンの時計は種類が多いため、どのモデルを選べば良いかかなり悩みます。そこで、この記事では初めてガーミンの時計を選ぶ場合でもすんなりと自分に合ったウォッチを見つけられるように、機種の機能性を比較し、そして特にオススメのモデルを厳選して紹介しています。

ランニングウォッチを選ぶなら、GARMIN(ガーミン)がオススメ

ガーミンランニングウォッチ

GPSランニングウォッチを選ぶなら、メーカーはGARMIN(ガーミン)がオススメです。ガーミンはアメリカのGPS機器メーカーで、GPSの精度が高いことで評判。そして、他社メーカーには無いたくさんのデータを提供してくれるので、ランニングパフォーマンスの向上にとても効果的な時計です。マラソン大会でも一流ランナーを含め、多くのランナーがガーミン製を利用しているので、取りあえずガーミンを選んでおけば間違いありません。

ランニング用で使うなら、ForeAthleteシリーズがオススメ

ガーミン人気ForeAthleteシリーズ

ガーミンのGPS時計は、「ForeAthleteシリーズ」「fenixシリーズ」「vivosport(vivoactive)シリーズ」があります。ガーミンの中で一番人気があるのはForeAtheleteシリーズで、ランナーから人気があるのもForeAthleteシリーズです。

fenixシリーズ

fenixシリーズはForeAthleteシリーズにある機能はほぼ全て搭載した高機能シリーズですが、価格はかなり高いです。ランニングだけではなく、登山、トレイルランといった山でのアクティビティにも対応するよう登山地図表示やナビゲーション機能を備えているので、ロードを走るランナーにはオーバースペックです。通常、ランニング・マラソンで使うならForeAthleteシリーズで十分です。

vivosportシリーズ

また、vivosport(vivoactive)は24時間着用し、ライフログとともに様々なアクティビティーも記録していくというもの。ランニング用GPS時計としては使えるものの、やはりランニング用途としてはForeAthleteシリーズがベストです。

ガーミンランニングウォッチを選ぶ時にチェックすべき機能性

GPS

ガーミンGPS機能
  • GPS(米国)
  • GLONASS(ロシア)
  • みちびき(日本)
  • Galileo(欧州)

ガーミンのランニングウォッチは全てGPS機能を搭載しています。GPS機能によってランニングの距離を計測出来、リアルタイムに現在のペースを確認出来るというのは全てのモデルで同じです。

ただし、GPSの精度には微妙に違いがあります。旧モデルは米国の衛星測位システムにしか対応していなかったものの、新しいモデルはロシアの衛星測位システムGLONASSへ対応、そして日本のみちびきにも対応し高精度な距離の計測が可能になっています。さらに最近のモデルは欧州の衛星測位システムGalileoにも対応し、よりGPSの精度が高くなっています。

防水

ガーミン防水機能

ランニング時計として使う以上、防水機能は必須です。ガーミンのランニングウォッチは基本全て防水対応です。そのため、汗をたくさんかいても大丈夫で、雨の中でも問題なく走ることが出来ます。ただし、一般的な5ATM(5気圧防水)では、水中では使えないので、水泳でも使い方場合は、「スイム」対応の機種を選ぶ必要があります。

バッテリー

ガーミンのバッテリー
  • ハーフマラソン:3時間
  • フルマラソン:6時間
  • ウルトラマラソン:14時間

ガーミンの時計を選ぶ時、バッテリーがどのぐらい持つのかを確認しましょう。例えばハーフマラソンの一般的な制限時間は3時間、フルマラソンは6時間、ウルトラマラソンは14時間です。マラソン大会で使うつもりなら、最低でも制限時間以上は持つものを選びましょう。

ガーミンのGPS時計は、GPS機能利用時大体10時間は持つものがほとんどなので、フルマラソンまでの距離ならどのモデルでも問題ありません。しかし、ウルトラマラソンのような大会への参加を考えているなら、バッテリーの持ち時間をしっかり確認しておく必要があります。

心拍計

ガーミンの心拍計
  • ForeAthlete 〇〇5→光学式心拍計対応
  • ForeAthlete 〇〇0→光学式心拍計非対応

健康状態の管理やランニングパフォーマンスのレベルアップに便利なのが心拍計機能。光学式心拍計を時計に内蔵したガーミンウォッチを使えば、腕に時計を装着しているだけで簡単に心拍数を計測することが可能です。走りながらリアルタイムに心拍数を確認出来るので、近年注目されているトレーニング方法「心拍トレーニング」を実践することが出来ます。

ガーミンの時計でForeAthlete 〇〇5のように一桁の数字が5となる機種は光学式心拍計内臓です。一方、ForeAthlete 〇〇0のように一桁の数字が0となる機種は光学式心拍計は搭載していません。心拍計はあると便利なので、予算が許すなら心拍計内臓のモデルがオススメです。

VO2MAX

ガーミンのVO2MAX

ガーミンの時計を使えば、VO2MAX(最大酸素摂取量)を測定することが出来ます。VO2MAXはランナーとしてのレベルを客観的に把握するために役立つ指標です。タイムだけではなくVO2MAXで日ごろの練習での成長を実感出来るので、VO2MAXを確認することで練習のモチベーションが上がります。

リカバリータイム

ガーミンリカバリータイム

ガーミンのリカバリーアドバイザー(リカバリータイム)は、次のトレーニングまでどのぐらい休めば良いかを教えてくれる機能。体力が100%近くまで回復するのにどのぐらいの時間がかかるか人目ですぐ分かるので、次回のトレーニングまでの休足の参考となります。

予想タイム

ガーミン予想タイム

ガーミンのランニングウォッチで、5km、10km、ハーフマラソン、フルマラソンの予想タイムを確認することが出来ます。現在の走力からマラソン大会で予想されるタイムを教えてくれるので、目標を立てる時の参考となり、モチベーションアップにもつながります。

インターバルトレーニング

ガーミンインターバルトレーニング

インターバル機能のおかげで、効率的にインターバル走をすることが可能です。インターバル走の距離と本数、休憩時間を入力することで、陸上競技トラックだけではなく河川敷などでもインターバル走が可能となります。このインターバルトレーニングは、ほぼ全てのガーミンウォッチに搭載されています。

バーチャルパートナー

ガーミンバーチャルパートナー

バーチャルパートナー(バーチャルペーサー)は、目標ペース(目標タイム)を決めて走る時にとても便利な機能。目標のペースを入力して走ることで、今どのぐらい目標ペースと差があるのかをすぐに確認することが可能。ペースメーカーに引っ張ってもらっている或いはだれかと競走しているような感覚で走ることが出来ます。

ランニングダイナミクス

ランニングダイナミクス
  • ランニングダイナミクス:平均ピッチ・最高ピッチ・平均ストライド
  • アドバンスドランニングダイナミクス:平均ピッチ・最高ピッチ・平均ストライド・上下動・上下動比・接地時間・接地時間バランス

ランニングフォームの分析に役立つのがガーミンのランニングダイナミクス機能です。ランニング中のフォームにおけるデータを測定出来るので、そのデータを基にフォームの改善へとつなげることが出来ます。通常のランニングダイナミクスで測定出来るのは、ピッチとストライドのみですが、アドバンスドランニングダイナミクスとなると、上下動や接地時間も把握できるようになります。

トレーニングステータス

ガーミントレーニングステータス

現在の自分のトレーニング状況が把握できるトレーニングステータス。トレーニングステータスは、今休息をとるべきか、もっと頑張るべきか、練習の強度を下げるべきか、順調にレベルアップしているかといったことを教えてくれる機能です。現在のトレーニングが適正なトレーニングになっているのか把握できるので便利です。

ミュージックプレーヤー

ガーミンミュージックプレーヤー

ガーミンのランニングウォッチは、音楽プレーヤー機能を備えたものがあります。もともとガーミンウォッチでは音楽プレーヤーのコントロールは可能だったものの、音楽プレーヤーとしての機能はありませんでした。それがここ最近になって音楽を時計本体に保存し再生出来る音楽プレーヤー機能を備えたものが多く発売されるようになってきました。

今までのようにスマホや音楽プレーヤーを別途携帯する必要はないので、非常に便利。音楽を聴きながら走るなら、音楽プレーヤー内蔵の機種を選ぶと快適です。

GarminPay

ガーミンペイ

対応するカードは三菱UFJ-VISAカードのみですが、ガーミン時計でローソンで買い物することが可能です。GarminPay機能付きウォッチなら、小銭を持ち運ぶことなく、ランニング後に飲み物やおやつを買ったりできるので、より身軽に走ることが出来ます。

ABC機能

アウトドアに欠かせないABC機能(高度計・気圧計・コンパス)。ガーミンの上位機種では、アウトドアにも対応するため気圧高度計、コンパスを内蔵しているので、山でのアクティビティにもオススメ。

コースナビゲーション

ガーミンコースナビ

ガーミンの上位モデルには、コースナビゲーション機能があります。走るコースを予め登録することで、そのルートを表示してくれるという優れもの。

マルチスポーツ

ガーミンマルチスポーツ

ガーミンGPSウォッチは、ランニングだけではなくスイムやバイク、トライアスロンなどにも対応しています。

ライフログ(活動量計)

ガーミンライフログ

ガーミンGPSウォッチは、ランニング中だけではなく、日常でも装着することで活動量計としても活用することが可能です。1日の歩数や移動距離、消費カロリーを把握することが可能。また、睡眠計も備えているので睡眠データも管理出来ます。

通知機能

ガーミン通知機能

ガーミンの時計で、スマホの着信やLINEなどのメッセージの通知を受け取ることが出来ます。

ガーミンランニングウォッチの各種モデルの機能性比較

ForeAthlete 35J

GARMIN ForeAthlete 35J
  • ガーミン入門時計
  • ランニング・マラソン初心者にオススメ
  • GPS・心拍計・防水と最低限必要な機能は全て揃えている
  • スマホの着信やメッセージ受信の通知機能付きで便利
  • 活動量計としても使える
価格GPS防水稼働時間光学式心拍計
22,963円(税別)GPS/みちびき5m防水13時間
VO2MAXリカバリータイム予想タイムインターバルバーチャルパートナー
×××
ランニングダイナミクスアドバンスドランニングダイナミクストレーニングステータスミュージックプレーヤーGarminPay
×××××
ABC機能コースナビマルチスポーツライフログ通知機能
×××

ForeAthlete 45

GARMIN ForeAthlete 45
  • ガーミンエントリーモデルの最新モデル
  • ランニング・マラソン初心者にオススメ
  • GPS機能に光学式心拍計機能付き
  • 見やすいカラー液晶画面
  • VO2MAX(最大酸素摂取量)測定可能
価格GPS防水稼働時間光学式心拍計
24,800円(税別)GPS/GLONASS/みちびき/Gaileo5ATM11時間
VO2MAXリカバリータイム予想タイムインターバルバーチャルパートナー
×××
ランニングダイナミクスアドバンスドランニングダイナミクストレーニングステータスミュージックプレーヤーGarminPay
×××××
ABC機能コースナビマルチスポーツライフログ通知機能
×××
35J vs 45

ガーミンエントリーモデルの「35J」と「45」の価格差は2,000円程度。機能性に大きな違いはないものの45はVO2MAXに対応。さらに画面はカラー液晶で見やすくなっているので、選ぶなら45がオススメ。

ForeAthlete 230J

GARMIN ForeAthlete 230J
  • 現状、ガーミンランニングウォッチの最安値モデル
  • GPS精度に定評のあるガーミンのGPS機能付きランウォッチ
  • GPS機能で最大16時間利用出来る長持ちバッテリー
  • インターバルトレーニング対応
  • 活動量計有り
価格GPS防水稼働時間光学式心拍計
18,334円(税別)GPS/GLONASS/みちびき5ATM16時間×
VO2MAXリカバリータイム予想タイムインターバルバーチャルパートナー
××××
ランニングダイナミクスアドバンスドランニングダイナミクストレーニングステータスミュージックプレーヤーGarminPay
×××××
ABC機能コースナビマルチスポーツライフログ通知機能
×××

ForeAthlete 235J

GARMIN ForeAthlete 235J
  • ガーミン人気200番台のGPS時計
  • 光学式心拍計付で心拍トレーニングに活用出来る
  • VO2MAX、リカバリータイム、予想タイムを備える高機能モデル
  • 走りながらでも見やすい大画面
  • カッコイイスポーティーなデザイン
価格GPS防水稼働時間光学式心拍計
29,800円(税別)GPS/GLONASS/みちびき50m完全防水11時間
VO2MAXリカバリータイム予想タイムインターバルバーチャルパートナー
×
ランニングダイナミクスアドバンスドランニングダイナミクストレーニングステータスミュージックプレーヤーGarminPay
××××
ABC機能コースナビマルチスポーツライフログ通知機能
×××
230 vs 235J

ガーミンの人気230番台の230と235Jの大きな違いは、光学式心拍計の有無。230は光学式心拍計は備えていませんが、235Jは光学式心拍計内臓なので時計を装着するだけで簡単に心拍数を測定することが出来ます。現状、価格重視なら230、価格と機能性のバランスを取るなら235J。

ForeAthlete 245 Music

GARMIN ForeAthlete 245 Music
  • ガーミン人気200番台の最新モデル
  • ランニング・マラソン中級者にオススメ
  • 音楽プレーヤー機能搭載で、腕時計を装着するだけで音楽を聴きながらランニングを楽しむことが可能
  • 時計本体に音楽を最大500曲保存可能
  • ランニングフォーム分析に役立つアドバンスドランニングダイナミクス対応
価格GPS防水稼働時間光学式心拍計
39,800円(税別)GPS/GONASS/みちびき/Galileo5ATM6時間(音楽・GPS)
22時間(GPS)
VO2MAXリカバリータイム予想タイムインターバルバーチャルパートナー
ランニングダイナミクスアドバンスドランニングダイナミクストレーニングステータスミュージックプレーヤーGarminPay
×
ABC機能コースナビマルチスポーツライフログ通知機能
×××
230J vs 245 Music

ガーミンの人気200番台の人気時計「230J」と「245 Music」の大きな違いは音楽プレーヤー機能の有無。245 Musicは時計に音楽を保存出来るので、スマホや音楽プレーヤーを持たなくてもランニング中に音楽を楽しむことが可能です。音楽を楽しみたいなら245 Music、より価格の安い方を選ぶなら235J。

ForeAthlete 645 Music

GARMIN ForeAthlete 645 Music
  • ガーミン上級モデル
  • マルチスポーツ対応
  • ランニングだけじゃなくスイム、自転車を楽しむ人にオススメ
  • 音楽プレーヤー内蔵。最大500曲保存可能
  • 電子決済GarminPay対応、腕時計があれば買い物が出来る
価格GPS防水稼働時間光学式心拍計
49,800円(税別)GPS/GLONASS/みちびき5ATM5時間(音楽・GPS)
14時間(GPS)
VO2MAXリカバリータイム予想タイムインターバルバーチャルパートナー
×
ランニングダイナミクスアドバンスドランニングダイナミクストレーニングステータスミュージックプレーヤーGarminPay
ABC機能コースナビマルチスポーツライフログ通知機能
×
245 Music vs 645 Music

ガーミンの中級モデル「245 Music」と上級モデル「645 Music」との大きな違いは、マルチスポーツ対応、GarminPay対応の違い。

ForeAthlete 935

GARMIN ForeAthlete 935
  • ガーミン最上位モデル
  • ランニング・マラソン上級者にオススメ
  • トライアスロン対応
  • 簡易的なナビゲーション機能有り
  • 山でのワークアウトに嬉しいABC機能搭載
価格GPS防水稼働時間光学式心拍計
57,000円(税別)GPS/GLONASS/みちびき5ATM21時間
VO2MAXリカバリータイム予想タイムインターバルバーチャルパートナー
ランニングダイナミクスアドバンスドランニングダイナミクストレーニングステータスミュージックプレーヤーGarminPay
××
ABC機能コースナビマルチスポーツライフログ通知機能

ForeAthlete 945

GARMIN ForeAthlete 945
  • ガーミン最上位モデル
  • ForeAthleteシリーズの機能全部入りのハイスペック
  • ランニングパフォーマンスを最大限に引き出すトレーニングステータス、トレーニング効果、リカバリータイム対応
  • ランニングフォームの高度な分析
  • 小銭不要、時計だけで買い物が出来るGarminPay対応
  • トレイルランでも迷わないフルカラーマップのコースナビゲーション機能
価格GPS防水稼働時間光学式心拍計
69,800円(税別)GPS/GLONASS/みちびき5ATM10時間(音楽・GPS)
32時間(GPS)
VO2MAXリカバリータイム予想タイムインターバルバーチャルパートナー
ランニングダイナミクスアドバンスドランニングダイナミクストレーニングステータスミュージックプレーヤーGarminPay
ABC機能コースナビマルチスポーツライフログ通知機能
935 vs 945

ガーミン945はかなりの高機能。935と違って地図情報を内蔵。さらにフルカラーなのでコースナビゲーションがかなり便利です。さらに935には無い音楽プレーヤー・GarminPay・セーフティ機能を備えているので、せっかく上位モデルを選ぶなら945を選んでおくのがオススメ。

今選ぶべき、ガーミンランニングウォッチのオススメはコレ!!

一押し!人気200番台シリーズの最新モデル「ForeAthlete 245 Music」

オススメウォッチ①

ガーミンGPSランニングウォッチを選ぶなら、一番のオススメは「ForeAthlete 245 Music」です。ランニング時に便利なGPS機能と光学式心拍計機能に加え、音楽プレーヤー機能を備えているので、かなりオススメの機種です。ガーミンGPSウォッチの中で、音楽プレーヤー内蔵機種としては一番安いので、コスパも良いです。

史上最高!ガーミン最強ランニングウォッチ「ForeAthlete 945」

オススメウォッチ②

ランニング・マラソン上級者やトライアスロンをする人、トレランをする人にはガーミンForeAthleteシリーズ最高傑作の「ForeAthlete 945」がオススメです。ForeAthleteの全ての機能を搭載した最高スペック機種です。ランニングに関する様々なデータを測定することが可能で、パフォーマンスのさらなる向上に便利。さらにボタン一つで種目の切り替えが出来るのでトライアスロンにもぴったり。フルカラー地図内臓でトレイルランにもオススメです。

コスパ最強!お手頃価格で買える「ForeAthlete 230」

オススメウォッチ③

ガーミンのGPSランニングウォッチを少しでも安く買いたいなら「ForeAthlete230」がオススメです。光学式心拍計やランニングダイナミクスといった機能は備えていないものの、GPS機能はしっかりしているので、取りあえず人気のガーミンのGPS時計が欲しいという人にオススメ。

お気に入りのガーミンウォッチを見つけよう

ガーミンウォッチ

ガーミンのGPSランニンングウォッチは、それぞれの機種で価格や機能に大きな違いがあります。似たような機種に見えますが、それぞれに違いがあるので、自分の目的やレベルにぴったりな機種を見つけてみましょう。

こちらの記事もオススメ