GOODS

Anker PowerWave 7.5 StandはiPhoneを置くだけでワイヤレス充電出来るスタンドでめちゃ便利

Anker PowerWave 7.5 Stand

iPhoneをスタンドに置くだけで急速充電出来るワイヤレス充電スタンド「Anker PowerWave 7.5 Stand」を買ってみました。ワイヤレス充電器を使うのは、これが初めてでしたが、めちゃくちゃ便利でした。もう普通のLightningケーブルでの充電には戻れないぐらい快適です。

そこで、この記事では「Anker PowerWave 7.5 Stand」をレビューとともに詳しく紹介していきたいと思います。また、購入検討時に気になるUSB充電器セットとの違い、Anker PowerWave 10 Standとの違いについても紹介しています。

Anker PowerWave 7.5 Standを買った

Anker PowerWave 7.5 Standの箱
  • iPhoneを置くだけで充電出来るワイヤレス充電器
  • 充電しながらiPhoneの画面を見ることが出来るスタンド型
  • 出力7.5W対応の急速充電

今回、「Anker PowerWave 7.5 Stand」を買ってみました。買った理由は、僕が持っているiPhone8をワイヤレス充電器で充電してみたかったからです。iPhoneでは、8以降の機種はワイヤレス充電規格「Qi(チー)」に対応しているので、この機能を使わないのは勿体ないということで、ようやくワイヤレス充電器に手を出すことにしました。

現在、ワイヤレス充電器は色々ありますが、僕が「Anker PowerWave 7.5 Stand」を選んだのは、“充電しながら画面が見やすいスタンド型”であることと“iPhoneの7.5W高速給充電に対応”していることの2点が魅力的だったからです。おまけにAnkerらしく値段もお手頃だったので、コレにしました。

Anker PowerWave 7.5 Standと10 Standとの違い

Anker PowerWave 7.5 StandAnker PowerWave 10 Stand
外観
定価3,299円2,999円
出力5W/7.5W/10W5W/10W

Anker PowerWave 7.5 Standを買うにあたり、「Anker PowerWave 10 Stand」のように同じような商品があり、どういった違いがあるのかちょっと悩みました。

基本的にiPhoneユーザーなら「7.5」がオススメ。7.5は、iPhoneの7.5W高速充電に対応しているので、ワイヤレス充電器としてはかなり速い充電が可能です。一方、10は7.5Wには対応しておらず一般的なワイヤレス充電器と同じ5Wでの充電となります。また、10W対応のスマホ(Samsung Galaxy S9+/S9/S8/S8等)の場合は、どちらでも充電のスピードは同じです。

Anker PowerWave 7.5 Standの開封と付属品

Anker PowerWave 7.5 Standの付属品
  • Anker PowerWave 7.5 Stand本体
  • Micro USBケーブル(1.8M)
  • 取扱説明書
  • 仕様書

Anker PowerWave 7.5 Standの箱を開封。中に入っていたのは、ワイヤレス充電スタンド本体とMicro USBケーブル、取扱説明書、仕様書の4点です。

Anker PowerWave 7.5 Stand本体

Anker PowerWave 7.5 Standのカラーは黒と白の2色あります。僕は、持っているiPhone8のカラーはシルバーで本当は白を選ぶのが良いと思うのですが、PC周りが黒系のアイテムばかりなのでそれに合わせる形で黒を選びました。また、なぜか値段は白よりも黒の方が安くなっているので、お得感がありました。

USBケーブル

付属品のMicor USBケーブルは、全長180cm。人によってはケーブルが長いのが邪魔に感じるかもしれませんが、僕はとのぐらい長いケーブルで助かりました。

Anker PowerWave 7.5 Standの外観と特徴

Anker PowerWave 7.5 Standの正面

Anker PowerWave 7.5 Standの見た目は良い感じです。Ankerらしいブラックカラーでカッコいいです。PCデスクに置いておくのにぴったりです。サイズもコンパクトなので、全然場所を取りません。

Anker Power Wave 7.5 Standの側面

横から見てみると、こんな感じ。斜めの角度になっており、充電しながら画面が見やすいようになっています。

Anker PowerWave 7.5 Standの背面

後ろから見るとこんな感じ。Micro USBケーブルの差し込み口があります。

Anker PowerWave 7.5 Standの底面

底は滑りにくいような素材が使われています。

iPhone8をスタンドに置いた状態①

iPhone8をスタンドに置いてみるとこんな感じ。iPhone8ぐらいの大きさのスマホを置くのに丁度良い大きさです。

iPhone8をスタンドに置いた状態②

横から見てみるとこんな感じ。少しiPhone8のトップの部分がはみ出しているぐらい。

iPhone8をスタンドに置いた状態③

そして後ろから見るとこんな感じ。iPhone8の場合、横幅のはみ出しはほぼなく、横幅はほとんどぴったりです。

Anker PowerWave 7.5 Standを使うためにQC3.0対応急速充電器が必要

QC3.0対応急速充電器

Anker PowerWave 7.5 StandはUSB充電器(ACアダプタ)は別売りです。そのため、別途充電器を用意する必要があります。また、充電器は何でも良いというわけではなく、最新規格Quick Charge 3.0対応急速充電器が必要です。QC3.0対応充電器を使うことで、Anker Power Wave 7.5 Standを使ってiPhoneを高速充電出来るようになります。

QC3.0対応充電器はどのメーカーのものでも良いですが、やはり同じメーカーであるAnkerの充電器を選んでおくのが無難です。

USB充電器セットも有り!充電器セットとの違い

Anker PowerWave7.5Standのセット内容
  • セットの方が安い
  • Standのデザインが微妙に違う
  • Standの冷却ファンの有無

Anker PowerWave 7.5 Standは、USB充電器セットの商品があります。セットの場合、QC3.0対応急速充電器が付属しているので、わざわざワイヤレス充電スタンド本体と充電器を別々に買う必要がありません。値段のセットの方が安くなっているので、QC3.0対応急速充電器を持っていない人の場合はセットを買うのがオススメです。

また、セットと単品では、若干スタンドに違いがあります。その違いは、充電ランプあたりのデザインと冷却ファンの有無です。セットの方ばより洗練されたデザインで、充電器の発熱を抑える冷却ファンが付いています。普通に考えたら、セットの方が良いです。

ただ、僕は、ファンの音がうるさいという口コミが気になったので、敢えてスタンド本体と急速充電器を別々に買いました。

Anker PowerWave 7.5 Standで実際に充電してみる

充電する方法①

Anker PowerWave 7.5 Standを使うためには、まずはスタンドにMicoro USBケーブルのMicro-Bを差し込みます。

充電方法②

そしてQC3.0急速充電器をコンセントに差し込み、急速充電器のUSBポートにMicro USBケーブルのType Aを差し込みます。

充電する方法③

あとはiPhone(スマホ)をスタンドに置くだけ。正しく充電出来ている場合は、充電ランプが青く点灯します。

充電する方法④

実際にAnker PowerWave 7.5 Standで充電してみたところ、ワイヤレス充電器としてはかなり速い時間で充電することが出来ました。バッテリー20%の状態から100%の状態まで、約2時間ちょっとで充電することが出来ました。通常、出力5Wの一般的なワイヤレス充電器だと有線での充電に比べかなり充電時間がかかりますが、Anker PowerWave 7.5 Standは有線のLightningケーブルと同程度の時間で充電することが出来ました。ワイヤレス充電器としてはかなり優秀です。

充電する方法⑤

また、縦置きだけじゃなく横置きでも充電可能です。Anker PowerWave 7.5 Standはスタンドの上下それぞれに充電コイルを搭載しているので、スマホを横向きでも充電出来るようになっています。これは、動画を見たりするときにかなり便利です。

また、ケースを付けたままでも充電出来るみたいです。ただし、5mm以上の厚みのあるケースや金属製や磁気を帯びたケースおよびクレジットカードを入れた状態では充電出来ないので、その場合は取り外してから充電する必要があるとのこと。

iPhone純正ACアダプタでの充電

また、Anker PowerWave 7.5 Standは急速充電を利用する場合、QC3.0対応急速充電器は必須ですが、そうではない場合は必須ではありません。普通にiPhone純正のACアダプタを使っても充電することが出来ました。充電の速さにはこだわらないという場合は、わざわざQC3.0対応急速充電器は準備する必要はないです。

Anker PowerWave 7.5 Standを使ってみての感想

Lightningケーブルを挿したり抜いたりする必要が無いから充電が楽

Linghtningケーブル

僕は今回買ったAnker PowerWave 7.5 Standが初めてのワイヤレス充電器ということで、その便利さにかなり驚きました。スマホをただ置くだけで充電出来るというのはかなり便利です。

今までLinghtningケーブルを挿して充電して、充電出来たらケーブルを抜いてというのが普通だったのですが、その面倒な作業がなくなり、iPhoneの充電がかなり楽になりました。今までは充電のし忘れとかあったのですが、ワイヤレス充電器は置くだけで良いので、充電をし忘れるということはほぼなくなりました。

スタンド型だから充電しながら画面が見やすい

スタンド型のワイヤレス充電器

Anker PowerWave 7.5はStand(スタンド型)とPod(平型)がありますが、スタンド型を選んで大正解でした。充電しながらiPhoneの画面を見ることが出来るので、とても便利です。

スタンドの角度自体は調整出来ないものの、角度はPCデスクの上に置いておくのに丁度良い角度になっていると思います。

ちょっとした操作なら充電したまま出来る

スタンドのiPhoneを操作する

Linghtningケーブルを挿して充電している時に比べると、充電しながらも操作はそれほど快適なものではありませんが、ちょっとした操作なら全く問題ありません。簡単なメッセージのやり取りやウェブページの閲覧、音楽の操作といった簡単なことはなんなく出来ます。

Youtube動画をみたり、映画を見たりしながら充電出来るから快適

iPhoneで映画を見ながら充電する

横置き出来るからYoutubeで動画を見たり、プライムビデオで映画を見たりする時も超便利。僕は、野球が好きなのでPC作業のかたわらDAZNで野球中継を見たりするので、横置きで充電出来るというのがとても気に入っています。

滑りにくいからしっかり位置を固定出来る

滑り止め付のスタンド

底面に滑り止めのような素材を使っているので、しっかり位置を固定することが出来ます。ちょっと触れただけで動いたりしないので、いろいろなものがあるPCデスクの上においておいても安心です。

iPhoneを置くだけで急速充電出来るAnker PowerWave 7.5 Standがとても便利だった

Anker PowerWave 7.5 Stand

iPhoneを置くだけで充電出来、かつLinghtningケーブルでの充電にも負けないぐらいの速度で充電出来るAnker PowerWave 7.5 Standはかなり便利なアイテムでした。見た目もカッコいいし、機能性や使い勝手も良い、おまけに価格もお手頃ということで、コスパ最強のワイヤレス充電器と言って良いでしょう。このワイヤレス充電器はかなり気に入ったアイテムなので、これから初めてワイヤレス充電器を買ってみようと思っている人がいたら、オススメしたいと思います。

こちらの記事もオススメ