SERVICE

Amazonの書籍読み放題「Prime Reading」で読める本は?「Kindle Unlimited」と比べてどう?

プライムリーディング

Amazonプライム会員になることで無料で利用出来る書籍読み放題サービス「Prime Reading(プライムリーディング)」は実際にどのぐらいの本が読み放題なのか、人気の漫画や雑誌は揃っているのか気になるところ。

また、月額980円払うことでより多くの書籍が読み放題となる「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」との違いも気になっている人は多いはず。

そこで、この記事ではプライムリーディングでどのぐらいの本を読むことが出来るのか、オススメの小説や漫画はあるのか、キンドル・アンリミテッドと比較してみてどうかといったところをまとめて紹介してみたいと思います。

プライムリーディングとは

kindleでプライリーディングを使う

AmazonのPrime Reading(プライムリーディング)とは、2017年に始まったプライム会員向けの書籍読み放題サービスのことです。

Amazon提供の書籍読み放題サービスは、2016年に誕生したKindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)という先行サービスがありますが、こちらはプライム会員も有料のサービス。プライムリーディングは言ってみると、プライム会員だけが利用出来るキンドル・アンリミテッドのお試し版みたいなものです。

お試し版と言っても、プライム会員は追加料金無しで、人気雑誌の最新号や人気漫画、人気小説を読むことが出来るので、プライムのオマケとしては十分過ぎるサービスです。

プライムリーディングでどのぐらい読める?

プライムリーディングで読める本
全書籍1300冊前後
小説・評論77冊
ビジネス・経済117冊
趣味・暮らし141冊
絵本・児童書10冊
コミック229冊
雑誌203冊
洋書361冊

実際に、プライムリーディングでどのぐらいの本を読むことが出来るのか。Amazonのホームページでは数百冊との記載がありますが、実際に調査してみると読める書籍は2019年8月11日現在のところ全1300冊前後です。

書籍のジャンルは「小説・評論」「ビジネス・経済」「趣味・暮らし」「絵本・児童書」「漫画」「雑誌」「洋書」と豊富。特に多いのが、漫画、雑誌、洋書あたり。

漫画は話題の漫画もそれなりにありますが、入れ替わりが激しいので、時期によってはそれほど読みたい漫画が無い場合もあります。また、雑誌はアウトドア雑誌「GO OUT」「男の隠れ家」、旅行雑誌「るるぶ」、ガジェット系雑誌「GetNavi」「家電批評」「Mac Fan」、女子雑誌「Oggi」「美的」「Ray」といったあたりがあります。

正直なところ、読める本の数はそれほど多くはありません。それでもプライム会員の追加料金無しで利用出来るサービスとして考えると、十分満足が行くもの。

プライムリーディングで読めるおすすめの本

プライムリーディングで読める本の数は全1300前後。数はそれほど多くはありませんが、それでも結構読みたい、みんなにオススメしたいと思えるような本はそれなりにあります。下記で書籍、小説、漫画、雑誌でオススメを紹介しているので、本選びの参考にしてみてください。

小説

漫画

雑誌

プライムリーディングの使い方

プライム会員

Amazonのプライムリーディングは、アマゾンのプライム会員向けのサービスです。プライム会員だけが特典として利用出来るサービスなので、使いたい場合はプライム登録する必要があります。

もちろん、プライム会員へ登録することで、プライムリーディング以外にもプライムビデオ、プライムミュージックといった他の特典も全て楽しむことが出来ます。プライムとはどんなものが気になっているなら、取りあえず「無料お試し」で試してみるのがオススメ。

Kindleアプリダウンロード

プライム会員になると、プライム特典はいつでも利用可能です。プライムリーディングもすぐに利用出来る状態です。

早速プライムリーディングで本を読むなら、スマホ・タブレットを使ってアプリストアで「Kindle」アプリをダウンロードしましょう。また、電子書籍Kindleを持っている場合は、Kindleでプライムリーディングを利用することが出来ます。

Kindleへのログイン

Kindleアプリをダウンロードしたら、ログインします。ログインのためのEメールアドレスとパスワードを入力しますが、これはAmazonへログインする時のもとと同じです。

Kindleストア

ログイン完了すると、Kindleのトップページへ行きます。Kindleアプリは、電子書籍を購入する人やキンドル・アンリミテッドを利用する人も使うアプリです。そのため、プライムリーディング対象外の書籍もたくさん出てきますので、「Prime Reading」をタップしてプライムリーディング専用のページへと移動します。

Prime Reading

プライムリーディング専用ページになったら、たくさんの書籍があるので、それらの中から読みたいものを選んでタップしましょう。

PrimeReadingの本を読む

読みたいものが見つかったら「無料で読む(プライム会員特典)」をタップします。プライムリーディング対象の本は、プライムマークがあるので、その有無をチェックすることも大事です。誤ってプライムリーディング対象外の有料の本を買ってしまわないようにしましょう。

Kindle本

「無料で読む」をタップすると、ダウンロード画面へ移動するので、ダウンロードを開始します。ダウンロードが完了すると、本を読める状態になります。あとは、画面の左側をタップして読み進めていくだけです。

本を消す

Amazonのプライムリーディングで1度にダウンロードしておけるのは10冊まで。ダウンロードの本数が10本になって次の本が読みたくなったら、ダウンロードした本を削除する必要があります。もちろん、再度読みたくなったら再度ダウンロードすることで読むことが可能です。

ダウンロードした本を削除する

削除したい本を長押しすると、メニューが表示されるので「本の利用を終了」または「端末から削除」をタップします。これで新しい本をダウンロードして読むことが出来ます。

プライムリーディングとキンドル・アンリミテッドの比較

項目Prime ReadingKindle Unlimited
月額一般:500円
Prime:無料
一般:980円
Prime:980円
和書1000冊前後12万冊以上
洋書300冊前後120万冊以上

プライムリーディングはプライム会員のオマケの特典としては十分。

ただし、和書12万冊以上読み放題のキンドル・アンリミテッドにくらべると魅力はほとんどありません。無料で利用出来るサービスとしては非常に優秀ですが、本をたくさん読みたいといった場合はプライム会員とは別にキンドル・アンリミテッドに登録した方が良いです。

キンドル・アンリミテッドならプライムリーディングでは読めないジャンル(R18含む)の本もたくさん読むことが出来ます。小説3万冊以上、ビジネス本1万冊以上、漫画4万冊以上、雑誌240誌以上、大人向け1万冊以上と本当に書籍の数が豊富です。

キンドル・アンリミテッドもプライムリーディングでは満足できそうに無いという場合は、「キンドル・アンリミテッド30日間のお試し」を試してみるのがオススメです。

Kindle Unlimited
AmazonのKindle Unlimitedを1年以上使ってみて感じたメリットとデメリット電子書籍リーダーKindle端末を購入後、本読み放題サービスの「Kindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)」を1年以上...
こちらの記事もオススメ